ホーム > 山行報告 > 大雪山縦走(2015年7月11日~13日)

大雪山縦走(2015年7月11日~13日)

2015年7月11日~13日の期間にI葉、I坂、T田、konの4人で大雪山を縦走してきた。ルートは銀泉台から登り、白雲岳~忠別岳~五色岳~沼ノ原を通ってクチャンベツに下山した。初めての大雪山だったがその雄大なスケールに圧倒された。大雪山系は何度でも行きたくなるすばらしい山だった。kon

 taisetsu0100 今回の縦走ルート。11日に銀泉台からスタートし、白雲岳~忠別岳~五色岳~沼ノ原を通って13日にクチャンベツに下山だ。I坂さんは単独でクチャンベツから出発してトムラウシ山に登り、忠別岳避難小屋で12日に我々3人と合流予定だ。
 taisetsu10060 11日、銀泉台登山口を6:15に出発し、赤岳に向かう。
 taisetsu10080 第一花苑に到着。
 taisetsu10090 第一花苑には沢山の花が咲き乱れて素晴らしいお花畑を作っている。
 taisetsu10120 コマクサ平まで登ってくると視界が一気に開け、雄大な大雪の山々が姿を現す。右の岩塊は赤岳、左のピークは東岳。
 taisetsu10140 赤岳への最後の登りにさしかかる。
 taisetsu10150 9:30、ついに赤岳山頂に到着
 taisetsu10170 赤岳山頂から西の方を見ると奥の方に大雪山の盟主、旭岳が見える。(写真中央右の高いピークが旭岳)
 taisetsu10200 白雲岳に向かって出発。
 taisetsu10240 少し歩くと、どこがピークかわからないだだっ広い頂上の小泉岳に到着。10:25
 taisetsu10290 やがて、白雲分岐に到着。ここにザックをデポして白雲岳を目指す。白雲岳は写真の左に写っている山の後ろ側にある。
 taisetsu10300 白雲岳が見えてきた。前方の山の左端の方が頂上だ。
 taisetsu10313 11:10、白雲岳に到着。
 taisetsu10350 南にはトムラウシ山が見える(写真中央)。トムラウシ山は王冠のようなギザギザが頂上にあるのですぐに判る(クリックで拡大)
 taisetsu10400 白雲分岐まで戻り、ザックを背負って白雲岳避難小屋に向かって下降する。やがて、白雲岳避難小屋が視界に現れてくる。テント場にはたくさんのテントが張られている。
 taisetsu10410 12:45、白雲避難小屋に到着。小屋番がいて一人1,000円の宿泊費を支払う。小屋は比較的空いていた。
 taisetsu10450 翌12日、忠別岳を目指して5:25に避難小屋を出発。今日は広大な稜線歩きだ。
 taisetsu10500 高根ヶ原分岐を通過。正面には忠別岳が見える(中央の右側が切れ落ちた山)。
 taisetsu10520 左下は大雪高原温泉方面。
 taisetsu10530 後ろを振り返ると白雲岳(左のピーク)と緑岳(右のピーク)が見える。実に雄大な風景だ。
 taisetsu10550 忠別沼が下の方に姿を現す。忠別岳は正面の右が切れ落ちた山だ。(写真では頂上は2段に見えており、奥の高い方がピーク)。
 taisetsu10630 9:25、忠別岳頂上に到着。遠景の写真中央左のピークが旭岳だ。
 taisetsu10640 南には王冠のようなトムラウシ山が見える。この後、T田さんが忠別岳直下に5頭の熊を発見。忠別岳に着いた直後、I坂さんが頂上にやってきた。本来はトムラウシ山に登っているはずだが体調不良で急遽忠別岳にやってきたとのこと。
 taisetsu10650 忠別岳を南側から見ると、北側から見た、たおやかな山頂とは違って、荒々しい岩壁を擁した立派な姿があった。
 taisetsu10660 やがて忠別岳避難小屋への分岐に到着。
 taisetsu10670 分岐から下り始めるとすぐ正面に忠別岳避難小屋が見えてくる。
 taisetsu10710 小屋の下部にある水場の横で早速ビールで乾杯。この日は小屋泊まりは2パーティ(4人+3人)とソロ2人の計9人。うち3人パーティはタイのTV局の2人と有名な山岳ガイド佐々木大輔さんで、TV局の人達は我々の食事風景を撮影していた。どんな画像がタイで流れるのか見たいものだ。
 taisetsu10750 翌13日、5:25に小屋を出発して五色岳に向かう。この日の天候は午後から雨予報だ。
 taisetsu10760 6:20、五色岳頂上に到着。
 taisetsu10820 トムラウシ山が大きい。
 taisetsu10850 沼ノ原目指して下降する。前方には大沼が見える。左端のなだらかな山は石狩岳、中央右の顕著なピークはニペソツ山。
 taisetsu10870 途中のお花畑が美しい。
 taisetsu10900 エゾ鹿が我々をすぐ近くから見ている。
 taisetsu10910 沼ノ原に着くと一面ガスに覆われて幻想的な情景が出現。左端に写っている女性は北海道在住のソロ登山者で、銀泉台の駐車場まで同行することになった。
 taisetsu10920 ガスに覆われた沼ノ原もなかなかのものだ。
 taisetsu10950 クチャンベツと石狩岳の分岐に到着。我々はここからクチャンベツ登山口目指して下山した。
 taisetsu11000 11:05、クチャンベツ登山口の駐車場到着。この写真は10日に撮影したもので晴れているが、実際の13日は天気は悪かった。この後、みんなで弟子屈のT田邸(大田山の会弟子屈支部)に行き、地元の人も交えたバーベキューなどで大いに盛り上がった。
 

ホーム > 山行報告 > 大雪山縦走(2015年7月11日~13日)

検索
Feeds

お天気情報

Return to page top