ホーム > 山行報告 > 八ヶ岳河原木場沢醤油樽の滝(2017年1月28日)

八ヶ岳河原木場沢醤油樽の滝(2017年1月28日)

2017年1月28日にmizukiさん(CL)、I西さん、F澄さん、konの4人で八ヶ岳河原木場沢醤油樽の滝に行ってきた(mizukiアイス)。誰が名付けたのか「醤油樽の滝」という名前が何とも興味をそそる。夏沢鉱泉への林道脇に車を駐車し、約10分で入渓地に到着。F1をフリーソロで越えてさらに20分歩くと「醤油樽の滝」に到着。この日は我々しか入渓しなかったので醤油樽の滝を独り占めだ。この滝で全員が左、中央、右のルートを登った。午後は陽があたり暖かかった。帰りにはF1のすぐ上の左岸にある氷柱で遊んだ。アプローチも短く、とても楽しいアイスクライミングだった。kon
(コースタイム=駐車場発9:20~9:30入渓点~9:50F1~10:10醤油樽の滝14:50~15:00F上左岸氷柱15:40~16:10駐車場)

夏沢鉱泉に向かう林道の脇に車を駐車し、装備をつけて出発。今日は快晴だ。
  林道を醤油樽の滝に向かって歩く。
  駐車地点から10分で入渓地点に着いた。
  親切に地図もある。
  河原木場沢を遡行。
  入渓から20分でF1に着く。ここはフリーソロで越える。
  次の滝は埋まっている。I西さんは右から越える。
  我々は左から越える。
  ゴルジュ帯を通過。
  入渓地点から40分で醤油樽の滝に到着する。
  40mはある大きな氷瀑だ。I西さんがリードで登ってTRを張ってくれた。(支点は木とリングボルト2個)
  F澄さんが登る。この滝は午後になると陽が差すので暖かい。
  mizukiリーダーが登る。
  I西さんが登る。
  再びmizukiリーダー。
  konも登る。

全員が左、中央、右の3ルートを登って終了。
  醤油樽の滝を後にし、F1上の左岸にある氷柱で少し遊んでから駐車場に戻った。
  上の写真の右にある「お化けクラゲ」のような美しい氷柱。まさに芸術品だ。
  その横には完全に透明な1mほどのツララがあった。なぜ上の写真のような気泡が混じった白い氷とこのような透明な氷ができるのだろうか?
 

ホーム > 山行報告 > 八ヶ岳河原木場沢醤油樽の滝(2017年1月28日)

検索
Feeds

お天気情報

Return to page top