ホーム > 山行報告 > 守門岳(2014年1月18日-19日)

守門岳(2014年1月18日-19日)

2014年1月18日~19日に守門岳にI西、I坂、T中、K城、F島、N澤、SB、T永、konの9人で登ってきた。 (GPSの軌跡は末尾に掲載)。豪雪と強風で厳冬期の 1月~2月に入山する人はほとんど無い越後の山だが、大田山の会の先輩で越後の雪山に詳しく、現在地元魚沼市に在住 のT永さんに同行していただくことになり、厳冬の守門岳を目指した。 大原スキー場からリフト2台を乗り継ぎ、リフト終点から支尾根(夏道があるエデシ尾根の西にある尾根)に取り付く。 終始膝から腿までのラッセルが続き、守門岳の稜線に出ると風雪が強くなり、視界が10mほどになった。1223m地点でテントを 張り、不要な荷物をデポして守門岳頂上を目指した。風雪とガスの中、 テント場から1時間30分でついに守門岳頂上に到着した。頂上を示す標柱が雪の中にかろうじて見えており、そこが頂上であることが 分かる。眺望は全くなく、寒さと風に追われて記念撮影後すぐにテント場に引き返した。夜から風雪が強くなり、テントが 風で叩かれ続けてなかなか眠れず、トイレにも行くことができない状態だった。翌朝も厳しい風が続き、トレースも 消えていたため下りもずっとラッセルが続いた。しかし、久々に雪山らしい雪山を登ることができ充実した山行だった。kon

 朝、出発前に全員のザックの重量を測定する。今回の山行は軽量化も課題の一つだ。共同装備を除き15.5kg(今回の山行は雪山訓練山行なので、ヘルメット、ハーネス、ガチャも含んだ重量だ)がリミットで、これを超える場合は、荷物の一部を車に置いて行かねばならない。共同食の野菜は全て自宅で乾燥させて重量を半分まで減らしてきた。
  いよいよ登山口の大原スキー場に到着。
リフトを2台乗り継いで登山口を目指す。
第2リフトの終点から正面の樹林帯に突入する。
雪は膝~腿までの深さで終始ラッセルが続く。
最初の内は守門岳への稜線が見えている。
振り返ると雪をまとった越後の山々が見渡せ、その荘厳さに心を奪われる。越後の雪山は本当にすばらしい。
延々とラッセルが続く。
ついにホワイトアウト状態になる。尾根も広く、どこが尾根の中央か分からない。
1223m付近でテントを設営し、不要な荷物をテントにデポして全員で守門岳の頂上を目指す。
1428m付近で先頭を歩いていたN澤さんの姿が消える。ヒドゥンクレバスに3mほど落ちた。中はけっこう深い。雪がクレバス(シュルント)を覆っていたため、クレバスが見えなかったのだ。何とか一人で雪面に這い上がって脱出した。
ついに守門岳の頂上に到着。頂上にある標柱が雪の中に見え、ここが守門岳頂上であることがかろうじて分かる。
取りあえず記念撮影し、風と寒さに追われてテント場に引き返す。視界は15mほどだ。
 テント場に帰還。
テントの中ではいつもの宴会がはじまる。ステーキ、鶏肉シチュー、マッシュポテトなどで使用する野菜は全て自宅で乾燥させてきた干し野菜だ。就寝するころから風雪が強くなり、強風がテントを叩き続けてなかなか眠れない。
朝、テントを撤収。強風でトイレもままならない中を下山開始。赤布も激しくなびく。
下山中に視界も良くなってきた。
しかし、突風が絶えず吹き付ける。
下界が見えてきた。
第2リフトの上部に到着。ラッセルと強風の中、雪山らしい充実した山行となった。
今回のGPSの軌跡

ホーム > 山行報告 > 守門岳(2014年1月18日-19日)

検索
Feeds

お天気情報

Return to page top