ホーム > 山行報告 > 塩見岳(2014年5月24日~25日)

塩見岳(2014年5月24日~25日)

2014年5月24日~25日にI西、I藤、T津、SB、konの5人で鳥倉登山口から塩見岳に登ってきた。(GPS軌跡とタイムは末尾に掲載)。厳冬期の2010年1月にも同じルートで塩見岳を目指したが、ラッセルの激しさで敗退し、結局塩見岳には行けず、烏帽子岳に登って下山した。今回は雪は少なかったが樹林帯の中では踏み抜き地獄に苦しめられた。特に権右衛門山の巻き道では藪で苦しみ、身体中に切り傷ができてしまった。今回山行は登山学校(アルパイン)の体力訓練も兼ねたものだったので踏み抜き地獄の踏破は十分に訓練になった。
24日は権右衛門山巻き道の沢筋2568m地点で幕営し、翌25日に塩見岳に登った。晴れ・無風で岩場には雪はほとんど無く、とにかく暑かった。下山後は赤石荘のお風呂(500円)で汗を流した。とてもいいお薦めのお風呂だった。kon

shi100 鳥倉林道のゲート前の駐車場に到着。登山計画書をポストに入れて出発。
 shi120 ゲートを右側からくぐる。
 shi130 林道を40分ほど歩くと登山道の登り口が見えてくる。
 shi140 鳥倉登山口に到着。
 shi150 いよいよ登山道に入る。
 shi160 しばらくすると雪が出て来る。雪は腐っていて時々踏み抜く。
 shi170 登山口から2時間30分で三伏峠小屋のすぐ上の景色のいい場所に到着し、1本たてる。ここからは聖岳がよく見える。
 shi410 右から大沢岳、中盛丸山、兎岳、聖岳。クリックして拡大すれば見やすい。
 shi420 右から赤石岳、小赤石岳、前岳、中岳。
 三伏峠小屋 カシミール3Dで見るとこのように山が見える。(クリックして拡大)
 shi180 本谷山を目指して雪面を進む。
 shi190 前方には仙丈ヶ岳が見える。
 shi200 本谷山頂上に到着。
 shi210 本谷山から見る塩見岳は大きい。
 shi400 右から塩見岳、農鳥岳、間ノ岳、北岳
 shi220 やがて権右衛門山の巻き道に入るがここからは藪と踏み抜き地獄で難儀する。
 shi230 権右衛門山の巻き道の途中の2568m地点。今日はここで幕営する。
 shi240 翌朝、5:30にテント場を出発して塩見岳を目指す。
 shi250 天気もよく、気持ちよく登る。
 shi255 滑りそうなところではしっかりと蹴り込む。
 shi258 遠くに間ノ岳と農鳥岳がかすんでいる。
 shi270 塩見小屋は屋根まで雪に埋もれている。正面は塩見岳西峰、その右は天狗岩。
 shi275 雪面のトラバース。ここはアイゼンを付けて越える。
 shi280 岩場が頂上まで続く。
 shi290 テント場から2時間10分で塩見岳西峰(3047m)に到着。
 shi300 南東方向には塩見岳東峰(3052m)が見える。
 shi310 空身で東峰に向かう。
 shi330 下山開始。登りの時にアイゼンを付けてトラバースした雪壁をフィックスロープを張って越える。
 shi340 テント場に到着。テントを撤収する。
 shi350 三伏山から見た三伏峠小屋。
 shi355 三伏峠小屋。今の時期は開いていない。
 shi360 腐った雪面をトラバース。時々足下の雪が崩れて滑る。
 shi370 まもなく鳥倉林道だ。
 shi380  鳥倉林道に出てからゲートまで30分かかる。
 shi390  ついにゲートに到着。
 shiomi-GPS2  今回のGPS軌跡。<24日>ゲート前駐車場6:20~7:00鳥倉登山口~10:30三伏峠小屋上部の休憩地~12:30本谷山~15:20権右衛門山巻き道幕営地(2568m)<25日>幕営地5:30~6:05塩見小屋~7:40塩見岳西峰~7:55塩見岳東峰~9:15塩見小屋~9:30幕営地~11:55本谷山~13:30三伏峠小屋~15:35鳥倉登山口~16:05ゲート前駐車場
 

Comments (Close):5

imarin 14-05-26 (月) 20:48

いいですね、この時期の塩見に行けるなんて!

コンちゃん 14-05-28 (水) 0:35

imarinさん、コメントありがとうございます。4年前の厳冬期に敗退した塩見岳のリベンジをやっと果たすことができました。4年前と違い、ラッセルもありませんでしたが、暑くて雪も腐っていて踏み抜き地獄に苦しみました。登山学校(アルパイン)の訓練山行を兼ねていたので、踏み抜き地獄の踏破は十二分に訓練になりました。

ハリー 14-05-30 (金) 8:52

はじめまして。
山行記録、大変参考になりました。
ありがとうございます。
6月9日に小河内岳に行こうと考えているのですが、
三伏峠までの雪の状態はいかがでしたでしょうか。
12本刃のアイゼンではなく、6本刃にしようと考えております。
ぜひよろしくお願い致します。

I西 14-06-01 (日) 22:18

ハリーさん
 今どきの雪の状態は日々変わっていくと思いますので、正直何とも
 言えません。
 往きのしっかりしたトレースも翌日にはほぼ融けてなくなってました
 し、帰りは標高を下げるほどにかなり不安定な状態でした。
 ちなみに塩見岳では頂上までアイゼンは登りに1箇所だけの使用
 でしたが、かわりにピッケルを使っていますし、凍結箇所や岩場も
 考えると、10~12本歯のアイゼンとピッケルはあったほうが無難
 だと思います。

ハリー 14-06-03 (火) 8:56

大変参考になる情報ありがとうございます。
仰る通り、10~12本歯を持っていきたいと思います。

今後も楽しみに拝見させていただきますので、
よろしくお願いします。
ありがとうございました。

ホーム > 山行報告 > 塩見岳(2014年5月24日~25日)

検索
Feeds

お天気情報

Return to page top