ホーム > 山行報告 > 木曽駒ヶ岳 雪上訓練(2015年12月12日~13日)

木曽駒ヶ岳 雪上訓練(2015年12月12日~13日)

2015年12月12日~13日にかけて中央アルプスの千畳敷~木曽駒ヶ岳に、I西(L)、K野s、M原s、O野、M澤、S我、Y村、S藤、konの9人で行ってきた。今回は大田山の会の2016年度第1回雪訓として実施された。当初は富士山の予定だったが雪が少なく、天候も悪いため急遽中央アルプスに変更したものだ。中央アルプスは12日は好天、13日は朝から雪と風で冬山らしい天候となり、充実した訓練ができた。我々の他にも多くのパーティが至る所で雪訓を行っていた。下山後は「こまくさの湯」に入り、ソースカツ丼で有名な明治亭で食事をした後、帰京した。kon

sekkunkoma0001
12日、菅の台バスセンターには多くの登山者が始発バスを待っている。我々もここからバスとロープエウィを乗り継いで千畳敷に向かう。
 sekkunkoma0005 千畳敷カールはすばらしい天気だ。しかし、まだまだ雪が少ない。
 sekkunkoma0010 訓練地を探してカールの中に降りていく。
 sekkunkoma0030 荷物をデポし、訓練できそうな斜面に取り付く。雪は少ないが訓練するには特に問題はない。
 sekkunkoma0035 宝剣岳が凄い迫力で迫ってくる。
 sekkunkoma0040 さあ、訓練開始だ。
 sekkunkoma0045 滑落停止訓練のためにFIXロープを張る。
 sekkunkoma0050 雪が締まっていないためになかなか止まらない。
 sekkunkoma0060 足も使わないと止まらない雪質だ。
 sekkunkoma0070 止まらないでロープにテンションをかけている。この後、各自数回、滑落停止訓練を行う。
 sekkunkoma0080 続いてI西リーダーがスタンディングアックスビレーの操作要領を参加者に説明。
 sekkunkoma0090 早速Y村さんがやってみる。しっかり止まる。

 
 sekkunkoma0100 M原さんもサマになっている。
 sekkunkoma0110 O野さんも完璧だ。
 sekkunkoma0120 S藤さんもしっかり止める。
 sekkunkoma0130 滑落停止訓練終了後は、千畳敷カールの雪面でアイゼンを付けた歩行訓練を行う。
 sekkunkoma0140 続いて、雪面での支点作成、引き上げ訓練を行う。1/3システム、1/5システムを2グループに別れて実施。
 sekkunkoma0150 アックス、スノーバーでの支点作成を行う。固定分散、流動分散を練習。
 sekkunkoma0160 M原さんを要救助者に見立てて斜面に倒れてもらう。
 sekkunkoma0170 少し変形の1/5システム。計算するとちゃんと1/5になっている。引き上げには、カラビナの抵抗が大きく、かなりの力が必要だ。
 sekkunkoma0180 翌13日は雪と風の中、6:55木曽駒ヶ岳登頂を目指して出発。まだ視界は十分にある。
 sekkunkoma0190 傾斜も上に行くほど急になる。
 sekkunkoma0200 乗越浄土に到着。8:10
 sekkunkoma0210 宝剣山荘の手前の小さな小屋の前で風を避けて一休み。
 sekkunkoma0220 中岳頂上。視界は50mほどになる。
 sekkunkoma0230 ついに木曽駒ヶ岳頂上に到着。9:25
 sekkunkoma0240 全員で記念撮影。
 sekkunkoma0250 頂上横で風を避けつつ食事を摂る。
 sekkunkoma0260 下山開始。
 sekkunkoma0270 中岳頂上まで戻ってきた。凄くテンションが高いメンバーが居る。
 sekkunkoma0280 M原さんも幽体離脱することなく中岳に登り返してきた。
 sekkunkoma0290 千畳敷に戻ってきたら、訓練を実施中のパーティが何組もいた。
 sekkunkoma0295 駒ヶ岳神社の横にもパーティが・・・。さらに上部にも訓練中のパーティがかすかに見える(クリックして拡大すれば見える)。
 sekkunkoma0300 千畳敷で更にビーコン捜索訓練を行った後、11:50、千畳敷のロープウェイ駅に到着。厳しく、楽しい雪訓1も無事終了した。
 

ホーム > 山行報告 > 木曽駒ヶ岳 雪上訓練(2015年12月12日~13日)

検索
Feeds

お天気情報

Return to page top