ホーム > 山行報告 > 那須朝日岳東南稜(2013年2月14日)

那須朝日岳東南稜(2013年2月14日)

2013年2月14日に那須朝日岳東南稜にI河、kon の2人で行ってきた。(GPS軌跡は末尾に掲載)。1週間前から快晴無風の日を探して山行計画を組み、見事的中して厳冬期とは思われない快晴無風の中を登ってきた。雪も氷もわずかしか付いておらず、結局クライミングギアは全く使わなかった。ギャップは雪も氷も付いていないのでクライムダウンで降り、確保なしで登り返した。稜線上にも雪はほと無く、危険なところは無かった。あまりに風が無いので朝日岳頂上で昼食を摂った。下山道は剣ヶ峰の稜線を通った。冬は基本的にいつも強風が吹き荒れて剣ヶ峰を超えるのは厳しく、何度も敗退したが、この日は本当に風が無かった。剣ヶ峰剣ヶ峰の頂上には仏像が1体立っていた。kon

↑朝日岳東南稜
 
↑堰堤の先が取り付き点
↑ギャップ手前の岩を登る
↑ギャップをクライムダウン
↑ギャップの登り返し
↑ギャップを超えて
↑1つ目のピークを越
↑2つ目のピークを越え左奥には朝日岳
↑頂上直下の雪稜
↑頂上直下の岩場
↑登ってきた東南稜の稜線
↑剣が峰あたりから東南稜を見る
↑剣が峰頂上の仏像
↑剣が峰から峰の茶屋跡避難小屋へ下山
↑剣が峰の巻き道はトレースが無い
 
 ↑今回のGPS軌跡

ホーム > 山行報告 > 那須朝日岳東南稜(2013年2月14日)

検索
Feeds

お天気情報

Return to page top