ホーム > 山行報告 > 高知 明戸岩(2017年3月25日)

高知 明戸岩(2017年3月25日)

2017年3月25日に高知県の明戸岩へI西、H田、O野s、konの4人でクライミングに行ってきた。この日は大堂海岸が朝から雨だったので急遽明戸岩に転進したが、岩場の場所がよく分からず、国道494号線から土居川を渡ってカーナビの地図に出てくる対岸の「明戸岩」地区の方に行ってしまったが、実際の岩場は「日本100岩場」の地図通りの場所にあった。「明戸岩」というのはこの辺りの地名のことらしい。I西さんによれば明戸岩の名前の由来は石灰岩の塊が二つあったので夫婦岩(めおと)となり、やがて明戸岩(みょうと)になったとの地元の人の話があるそうだ。明戸岩で登っていたら雨が降ってきたので2ルートだけ登って早めに下山し、中津渓谷にある「ゆの森」で入浴した後、翌日に予定している備中の岩場に向かった。kon

明戸岩のバス亭(民家の左の小屋にかかっている白い紙がバス時刻表)に到着。
バス亭の小屋を少し戻ったところに見えている石段の横に明戸岩への入口がある(この写真は上の写真の位置から振り返ったところ)。我々は最初は左奥に見えている赤い橋を間違って渡ってしまった。
石段の横にある階段が明戸岩への入口。
  しっかりした踏み跡を辿って5分ほど登る。
  間もなく明戸岩の岩場に到着する。
  「ベルサーチ」にI西さんがリードで登ってTRをかけ、O野sさんが登る。
  「バージン」をリードするI西さん。
  核心のハングを越えるI西さん。
  H田さんも登る。この後雨が降り始め、終了する。2ルートしか登れなかった。この後、雨に追われるように岡山の備中の岩場に向かう。
 

ホーム > 山行報告 > 高知 明戸岩(2017年3月25日)

検索
Feeds

お天気情報

Return to page top