ホーム > 山行報告 > 西上州霧積周辺の氷瀑(2017年2月11日~12日)

西上州霧積周辺の氷瀑(2017年2月11日~12日)

2017年2月11日~12日にmizukiさん(CL)、I西さん、F澄さん、konの4人で碓氷峠の北を流れる西上州の霧積川周辺の氷瀑に行ってきた。2月11日は隠れ橋の氷瀑で、2月12日はダムサイトの氷瀑とトンネルの氷瀑でアイスクライミングを楽しんだ。隠れ橋の氷瀑は沢山のクライマーがやってきたが、ダムサイトの氷瀑とトンネルの氷瀑に入ったのは我々だけだった。kon

隠れ橋に着いて、橋から上流側を見ると右岸に「隠れ橋の氷瀑」が見える。すでに1パーティ3人が取り付いている。
  車を隠れ橋を越えたすぐ上の道路右のスペースに止め、霧積川への降り口で装備を着ける。
  我々が氷瀑に着くと、先行パーティも退却して我々だけとなる。I西さんがリードでTRを掛け、全員で隠れ橋の氷瀑を楽しむ。氷は25m以上あり、TRを掛けると50mロープでは2本繋いでビレイする必要がある。登っているのはmizukiリーダー。
  I西さんが登る。緩急があり楽しめる。
  拡大写真。
  F澄さんが登る。
  ビレイ中のF澄さんとmizukiさん。50mロープ2本繋いでビレイ。この後、9人パーティがやってきたのでこの氷瀑を譲り、霧積川上流側の氷瀑に移動する。
  霧積川を50mほど上流に行き、右岸の沢に入ると、左写真の氷瀑がある。
  この氷瀑は下部はナメ状で、最上部は立っている。
  氷瀑上部から下を見る。
  この上にはさらに左写真の氷瀑がある。結構凍っていて登れそうだったが時間が無くなったのでこの滝は登らなかった。
  隠れ橋まで戻ってきたら、9人パーティが最初の氷瀑に取り付いていた。
  翌12日は麻苧の滝を見に行った。丁須の頭への登山道(御岳ルート)を登っていく。
  登山道を5分ほど歩くと麻苧の滝が見えてくる。氷は十分には張っていなかったが完全に凍結すればさぞ見事な氷瀑になるだろう。
  麻苧の滝を後にして、ダムサイトの氷瀑に行った。霧積ダムの堰堤を過ぎて最初の沢に入るとすぐ二俣に着く。この二俣の左右に氷瀑が現れる。写真は右の氷瀑で、mizukiリーダーがトップロープを張って全員が1回登る。
  これは二俣にある左側の氷瀑(F1)。ここも難しくはない。
  左側の氷瀑(F1)を登るI西さん。F1を越えて更に上流に向かうとF2が現れるが凍結が甘いので左岸を巻いてF3に向かう。
  F3が見えてきた。
  ここは十分に凍っていて楽しく登ることができた。
  TRを張っても50mロープで足りる。この後、トンネルの氷瀑に向かう。
  長野新幹線の鉄橋をくぐって最初の大きな左カーブの先端にカーブミラーが2つある。その対岸の赤丸で囲んだ地点にトンネルの氷瀑が見えている。
  トンネルの氷瀑に行くにはカーブミラー横のガードレールを乗り越えて霧積川を徒渉し正面に見えるコンクリート護岸の左の沢を詰めればよい。徒渉は数カ所で渡れる。我々はこの日はこのカーブ上の左岸に渡る橋を越えて氷瀑に行ったが、正しいアプローチはここからの徒渉のようだ。下山時はここを徒渉した。
  トンネルの氷瀑は左右2本がある。
  左の氷瀑は陽があたって暖かい。mizukiリーダーが登る。右も登りたかったが時間が無かったので次回におあずけだ。
  リードで登ったI西さんがTRで2度目を登る。この後は霧積川を徒渉して下山した。この二日間、氷瀑を十分に楽しむことが出来た。
 

ホーム > 山行報告 > 西上州霧積周辺の氷瀑(2017年2月11日~12日)

検索
Feeds

お天気情報

Return to page top