ホーム > 山行報告 > 八ヶ岳ジョウゴ沢(2017年2月4日)

八ヶ岳ジョウゴ沢(2017年2月4日)

2017年2月4日にK野mさん、O野さん、konの3人で八ヶ岳のジョウゴ沢へアイスクライミングに行って来た。予定では4日に赤岳鉱泉に行ってアイスキャンディで練習し、5日にジョウゴ沢から硫黄岳に抜ける計画だったが、5日は大雪の予報だったので、赤岳鉱泉に着いたらテントに不要装備を置いて12:40ジョウゴ沢に向かった。赤岳鉱泉からF1まで20分で着いたが1パーティ4人がTRを張って登っていたので、左岸から巻いてF2に行った。ここは誰もおらず、各自2回登って遊んだ後、F3に向かう。F3を越えると広い雪原に出る。しばらく登ってゴルジュ帯の狭い岩場を抜け乙女の滝を右に見ながら大滝の下まで行った。大滝にはすでに2人が滝に取り付いていた。右岸から戻り気味にトラバースしながら登ってナイアガラの滝に向かうとそこには誰もいなかった。3人で各自1本登るともう16:00になったので、今回はここで下山することにした。次回来るときは硫黄岳に抜けたいものだ。kon(コースタイム=赤岳鉱泉12:40~13:00F1~15:00ナイアガラの滝16:00~16:40F2~17:00赤岳鉱泉)

赤岳鉱泉から20分でジョウゴ沢のF1に到着。4人がTRを張って登っていたので左岸から巻いてF2に向かう

 
  F2を越えてF3を登る。
  F3を越えると広い雪原に出る。ここから正面に見えるゴルジュ帯に向かう。
  正面から登り、岩の間を左上に抜けていく。
  すると真正面に、右ルンゼに落ちる乙女の滝が見えてくる。
  乙女の滝を拡大。
  本谷をさらに進んでいくと右岸に小さな滝が落ちている。
  この小さな滝の上がナイアガラの滝だ。
  我々は本谷を詰めて大滝に向かう。
  大滝に来ると二人のクライマーが滝に取り付いていた。
  ナイアガラの滝に行くために右岸をトラバース気味に左上して行ったらすぐにナイアガラの滝が見えてきた。
  ナイアガラの滝に到着し、一休み。
  滝の正面はツララ状の氷が割れていて難しそうだ。左は氷が融け始めていてヤバイので右の簡単なところに取り付いた。
  O野さんが登る。
  K野mさんも登る
  konも登る。各自1本登ったところで16:00になり、時間切れでクライミングは終了。
  ナイアガラの滝からの景色は絶景だ。
  大同心と横岳が大きい。
  大滝の上部を見る。ここを詰めて行けば硫黄岳山荘と硫黄岳の間の稜線に出ることができる。
  F2を下降するO野さん。
  同じくF2を下降するK野mさん。
  翌日の赤岳鉱泉は朝から激しい雪が降っていた。
  雪のためアイスキャンディの練習も中止してテントを撤収し、すぐに下山した。
 

ホーム > 山行報告 > 八ヶ岳ジョウゴ沢(2017年2月4日)

検索
Feeds

お天気情報

Return to page top