ホーム > 山行報告 > 権現岳(八ヶ岳 2014年1月13日)

権現岳(八ヶ岳 2014年1月13日)

2014年1月13日に、SBさん、S藤さん、konの3人で南八ヶ岳の権現岳に登ってきた。(GPSデータは末尾に記載)。厳冬期は天女山駐車場までの道が閉鎖されているので、 天女山入口のゲート横にあるスペースに車を止めて、そこから天女山経由で登った。この日は天候にも恵まれ、八ヶ岳のみならず南アルプス、富士山、奥秩父の山々の眺望がすばらしかった。kon

天女山入口にあるゲート。冬は閉鎖されているので、ゲート横のスペース(車5台ほど駐車可能)に車を止め、ゲートの右から奥に入る。
ゲートを越えると左側に天女山への登山道が現れる。登山道には権現岳頂上までしっかりとトレースがついていた。
登り始めるとすぐに暑くなったの体温調整をする。その間にソロの女性が横を抜いて行った。足の速い人だった。
出発から30分ほどで天女山に到着。
天女山駐車場を越えたところで太陽が上がってきた。富士山も綺麗だ。
天の河原からの眺望はすばらしい。
しかし、三ツ頭方面はガスが出ている。
途中で、西岳から縦走してきた女性5人のパーティと出会った。
前三ツ頭のガスも晴れてきた。
前三ツ頭に到着し記念撮影。三ツ頭のガスも晴れてきた。
途中でカモシカがトレースをふさいでいた。すぐ後ろに行ってもこちらを見ているだけで動こうとしない。怪我をして動けないのかと心配になったが、右からカモシカを巻いて登っていった。
三ツ頭に到着。権現岳から赤岳まで綺麗に見渡せる。眺望は抜群だ。
権現岳の頂上には登山者の姿がある。
権現岳直下の雪壁をトラバース。しっかりとしたトレースがあり、難しいところは全くない。
権現頂上がすぐ上に見えてきた。
ついに権現岳の頂上に着く。頂上でS藤さんが記念撮影。
SBさんも頂上でポーズ(背景は赤岳)。
権現岳の頂上から見た、右から赤岳、中岳、阿弥陀岳。更に後ろは横岳、小同心、大同心、硫黄岳。
下山してきたら、全く同じところにカモシカがまだいた。4時間この場所に立っていたわけだ。やはり足を怪我したのでは無いかと心配になり、行動食を与えようとしたところ、カモシカは歩き始め、やがてトレースを離れて見えなくなった。何故4時間も同じ場所に立っていたのかいろいろ詮索しながら下山した。
そして登山口のゲートに到着した。下山は少し急いだので権現岳頂上から2時間40分で着いた。
今回のGPSの軌跡

ホーム > 山行報告 > 権現岳(八ヶ岳 2014年1月13日)

検索
Feeds

お天気情報

Return to page top