ホーム > 山行報告 > 滝谷ドーム中央稜(2015年8月10日)

滝谷ドーム中央稜(2015年8月10日)

2015年8月10日、北穂高岳の滝谷ドーム中央稜に、I西、I井、K野m、N澤、M澤、Y村、konの7人、3パーティで登ってきた。前日のクラック尾根と違ってこちらの岩はかなり安定しており、楽しい登攀となった。登攀終了後、I西、I井、K野m、konの4人はそのまま上高地に下山し、N澤、M澤、Y村の3人は大キレットを越えて南岳に1泊し、槍ヶ岳を登ってから上高地に下山した。今回の大田山の会登山学校(幹事=I西)の実践登攀は非常に充実したものとなった。kon


domu10005
5時過ぎに朝日を受けながら滝谷ドームに向けて出発。
 domu10006 ドームの頭を涸沢側から巻いて最初の鎖の下から登山道を外れて右のガレ場に降りていく。
 domu10010 登山道を外れて右に下ると、写真のようなガレ場になる。稜線の東側は陽が当たって明るいが滝谷は午前中は陽が当たらず、暗くて寒い。午後にはガスが発生し、いつも暗いイメージが付きまとう。
 domu10020 踏み跡に従って草付きを下る。
 domu10030 やがて、写真のピナクルが見えてくる。そこから尾根を向こう側に回り込むとT1の懸垂支点がある。ここまでのアプローチは少し分かりにくい。
 domu10040 T1から20mの懸垂下降でT2に降りる。(写真はK野mさんが下降中)。
 domu10050 T2から左上気味に踏み跡をたどる。
 domu10060 この一段上のテラスがドーム中央稜の取り付き点だ。
 domu10065 取り付き点で、登攀準備を整える。
 domu10067 I西さんがトップで登る。青いザックのM澤さんはチムニー内を登攀中。続いてK野mさんがリードで登る。このチムニーは大きめのザックを背負っていると非常に登りにくい。
 domu10070 ここは上部のチョックストーンを乗り越える部分が少し難しい。
 domu100 2P目終了点でI井さんが後続をビレー。
 domu10080 3P目終了点から2P目終了点を見おろす。
 domu10100 3P目をK野mさんがリードする。
 domu10200 4P目を登るI西さん。
 domu10205 続いてM澤さんが登る。脚の開き方が格好いい。
 domu10210 同じく4P目。
 domu10230 4P目の終了点から下を見たところ。
 domu10250 いよいよ核心の5P目。左上し、最後のハングを右から抜けると終了点に着く。
 domu10260 全員が終了点の横で記念撮影。滝谷は大田山の会50周年記念山行50座になっているため、50周年記念旗を持って撮影。
 domu10270 滝谷ドームを北穂高岳側の縦走路から見たもの。N澤さんが真ん中のルンゼの上部を下降中だ。終了点からの下山は、ルンゼからも縦走路に出られるし、左のドームの頭を越えても縦走路に出ることができる。
 domu10300 北穂のテント場に戻って荷物をまとめ、I西、I井、K野m、konの4人はそのまま上高地に下山。残ったN澤、M澤、Y村の3名は南岳に向かい、翌日上高地に下山する。
 domu10310 M澤、Y村の2人が大キレットを通過中。
 domu10320 槍ヶ岳頂上でのN澤、M澤、Y村の3人。槍ヶ岳も50座になっているため、50周年記念旗を持って撮影。
 

ホーム > 山行報告 > 滝谷ドーム中央稜(2015年8月10日)

検索
Feeds

お天気情報

Return to page top