ホーム > 山行報告 > 阿弥陀岳北西稜(2015年4月12日)

阿弥陀岳北西稜(2015年4月12日)


2015年4月12日に南八ヶ岳にある阿弥陀岳北西稜をI西、K井、H田、SB、konの5人で登ってきた。(GPS軌跡は末尾に記載)。I西さんと昨年の12月から計画していたがスケジュールが合わなかったり天候不良で延び延びになっていたが4月になって参加者も5人に増えてやっと登ることになった。この日は快晴で風も無くとても暑かったが我々を含めて4パーティが登っていた。kon

hokusei0100 4月11日、15:25に美濃戸を出発して南沢に入る。南沢はガスがかかり天気は今一つだ。
 hokusei0110 1時間50分ほど歩くと、右側の樹林帯に沢山のテープが巻かれたところがある。ここが阿弥陀岳北西稜の末端部分だ。少し先にエスパースのテントも見える。今日はここで幕営する。
 hokusei0120 4月12日、4:10にテントを出発し北西稜末端に取り付く。かなりの急登だ。ところどころ踏み抜いた跡があるがトレースを外さなければ踏み抜くことは無い。
 hokusei0140 樹林がまばらになってくると上部に北西稜の岩峰が姿を現す。
 hokusei0150 小ピークまでもう少しだ。
 hokusei0170 5:40、小ピークに着く。ここからは北西稜の岩稜が一望できる。
 hokusei0200 最初の1P目はロープを出さず、リッジの右側を辿る。(ここでのピッチ数は「アルパインクライミング(遠藤晴行)、「チャレンジアルパイン」(廣川健太郎)による。)
 hokusei0210 振り返ると1P目はこんな感じだ。
 hokusei0220 前には2P目を行く先行パーティの3人がいる。
 hokusei0230 2P目からロープを出す。我々はI西さん、H田さん、konの3人パーティでロープを結び、I西さんがリードで登る。
 hokusei0240 SBさんとK井さんは2人でロープを結ぶ。
 hokusei0250 2P目の途中から振り返る。
 hokusei0260 同じく”2P目を登るH田さん。
 hokusei0270 2P目終了点。
 hokusei0280 SBさんも2P目終了点にやって来る。
 hokusei0290 3P目の出だし。ハイマツが出ている。
 hokusei0300 7:10。3P目は少し登るとリッジに出る。正面には下部垂壁(第一岩峰)と上部岩峰(第二岩峰=右奥のピナクルの岩峰)が重なって見えている。下部垂壁の基部には先行パーティがいるので、その少し下で確保する。
 hokusei0305 SBさんも登ってくる。
 hokusei0310 4P目はこの下部垂壁を右にトラバースして巻く。
 hokusei0324 このトラバースは気を抜けない。
 hokusei0330 同じく4P目。
 hokusei0332 4P目の上部は岩が立ってくる。バイルをかけながら慎重に登る。頭上には上部岩峰が見えてくる。
 hokusei0390 5P目の凹角を登る。上部岩峰の基部には先行パーティがビレー中だ。この凹角を登り、上部で左のリッジに移る。
 hokusei0420 同じく5P目の凹角。
 hokusei0430 9:00、5P目終了点から北西稜を望む。写真の左下が5P目の凹角で、途中から右のリッジに移り、上部岩峰に到着。
 hokusei0440 上部岩峰のビレー点。ここから核心の2ピッチが始まる。
 hokusei0450 6P目は左の草付きのバンドを進む。この部分は簡単。
 hokusei0480 前方には阿弥陀北稜が間近に見える。ちょうど北稜の最終ピッチを登るクライマーの姿が見える。
 hokusei0490 6P目の草付きバンドをH田さんが登る。
 hokusei0500 バンドから右手の2mほどの垂壁を直上して右上バンドに入る。ここも本来は6P目だが我々は垂壁下でピッチを切った。この垂壁は氷が付いていると難しそうだ。
 hokusei0510 6P目終了点に着く。
 hokusei0520 この終了点はピトンしか無く、3つほどのピトンを連結してビレーする。
 hokusei0530 7P目、いよいよ核心の最終ピッチだ。
 hokusei0540 I西さんがアブミをセットしながら核心のスラブを越えていく。
 hokusei0550 続いてH田さんもスラブを越える。
 hokusei0560 10:20、我々は核心部を越え、7P目の終了点から7P目の核心部を振り返る。先行パーティは7P目でルートを間違えたため、我々の後からスラブを登ってきた。
 hokusei0555 ここから先はロープは不要で、直登すれば摩利支天に着く。実質の登攀はここで終了だ。
 hokusei0570 7P目を見ると、核心のスラブ下にSBさんがいる。後続パーティの間に入ってしまっている。SBさんがルートを間違って6P目の草付きバンドの途中から核心部のスラブへ直登(凄い!)してきたためだ。SBさんは当然ながらその場で後続パーティの2人が先に登るのを待つことになった。(ビレーしているのは後続パーティのメンバー)。
 hokusei0580 我々は7P目終了点の上部でSB-K井パーティを1時間以上待つことになった。晴れていて暖かかったので食事を摂ったり水を飲みながらゆっくりと待った。周辺の山々が美しい。
 hokusei0590 SB-K井パーティと合流後、阿弥陀岳頂上に向かう(摩利支天岩峰より阿弥陀岳を望む)。
 hokusei0600 右が阿弥陀岳頂上、左が赤岳だ。
 hokusei0610 12:05、阿弥陀岳頂上で赤岳をバックに全員で記念撮影。阿弥陀岳は大田山の会設立50周年記念登山50座の登山対象になっているので、本来なら50周年ポスターを抱えて写真撮影するのだが、今回は持参するのを忘れてしまった。
 hokusei0620 阿弥陀岳を中岳方面に下山開始。
 hokusei0630 下部の方まで降りていくと雪壁の雪が腐ってグジャグジャになっており、蹴り込みながら慎重に下る。
 hokusei0640 中岳沢を下る。
 阿弥陀岳北西稜 GPS 今回のGPSの軌跡。
 

ホーム > 山行報告 > 阿弥陀岳北西稜(2015年4月12日)

検索
Feeds

お天気情報

Return to page top