ホーム > Archives > 2016-12

2016-12

八ヶ岳三叉峰ルンゼ~石尊稜(2016年12月20日)

2016年12月19日~20日にかけてI西、H田、konの三人で三叉峰ルンゼ~石尊稜のアイスクライミングと岩稜登攀を楽しんできた(この日のコースタイムとGPS軌跡は末尾に掲載)。
19日朝、東京を出発して美濃戸の駐車場まで車で入った。赤岳鉱泉に着くと早速アイスキャンデーでアイスクライミングの練習を行い翌日に備えた。翌20日は5:10に赤岳鉱泉を出発、しっかりした踏み跡を辿って1時間ほどで三叉峰ルンゼに到着する。小さな滝は雪に埋もれており、F2の大滝からロープを着けて登攀を開始する。大滝の下部はいきなりⅤ-のバーティカルで難しいがI西さんがリードで抜けていく。大滝を超えた後、Yガイドのパーティ2名が登って来たので3名の我々は先を譲る。二俣から右の沢に入り滝を一つ越えて基本的にアイスクライミングは終了し、右の急な草付きルンゼを石尊稜に向かって登る。登りきった稜線はちょうど石尊稜の下部岩壁と上部岩壁の中間付近だった。ここから石尊稜上部岩壁に向かうが風雪も強くなり寒さから環付きカラビナのスクリューも凍って回らなくなった。上部岩壁は1ピッチ上ってルンゼ手前のピナクルを支点に確保し、そのあとはロープ無しでルンゼを詰めれば石尊峰の頂上に着く。ここまで8時間以上かかってしまった。石尊稜からは風雪が厳しかったが充実した冬らしいクライミングを楽しめた。下山は地蔵尾根を下った。kon

sansya001 19日は快晴だった。赤岳鉱泉の小屋の上には八ヶ岳西面の大同心、小同心、石尊峰などが見える。
 sansya002 早速アイスキャンデーでクライミング練習を行う。
 sansya004 I西さん
 sansya007 H田さん
 sansya009 20日、5:10に赤岳鉱泉を出発し、暗い中を三叉峰ルンゼに向かう。
 sansya011 約1時間で三叉峰ルンゼに到着。
 sansya013 下部の滝は雪で埋まっており、そのまま越える。
 sansya018 奥に大滝のバーティカルな滝が見えてくる。この滝の下部12mは三叉峰ルンゼの核心でⅤ-だ。ここからロープを出し、I西さんがリードで取り付く。
 sansya020 大滝の上部。
 sansya080 更に滝が続く。
 sansya027 二俣直下の滝
 sansya030 二俣直下の滝を登るH田さん
 sansya034 二俣に到着。左の滝は左俣の滝。右俣はこの右にある。
 sansya037 こちらが右俣。
 sansya044 右俣の最初の滝。アイスクライミングは実質的に終了。この上の滝は氷がほとんど付いて無くで難しかった。
 sansya053 この上の滝を越えた後、ルンゼの右に平行して伸びる石尊稜に登りあげるが、そこは草付きの急なルンゼで結構悪い。木を掴んだりしながら何とか稜線に出る。
 sansya057 石尊稜に出ると風雪が強くなり、視界も悪くなる。稜線の雪稜を登っていくと石尊稜上部岩壁の基部に着く。この写真は上部岸壁1ピッチ目の終了点。ピナクルで支点をとる。カラビナは凍り、ロープも凍ってビレイ器の流れが非常に悪く、1ピッチだが腕がパンパンになる。
 sansya061 石尊稜上部岩壁2ピッチ目のルンゼ。このルンゼを詰めると石尊峰の頂上に出る。
 sansya065 本日の登攀も無事終了し、石尊峰から地蔵尾根に向かう。風雪で視界はあまり無い。
 sansya068 地蔵ノ頭に到着。ここから地蔵尾根を行者小屋に向かって下山。
 gpssansya090 今回の三叉峰ルンゼ~石尊稜のGPS軌跡。

<今回コースタイム>赤岳鉱泉5:10~7:10F1~10:00二俣~11:10石尊稜~12:30上部岸壁取付き~13:30石尊峰~14:30地蔵の頭~15:30行者小屋~16:00赤岳鉱泉16:50~18:05美濃戸駐車場
 

ホーム > Archives > 2016-12

検索
Feeds

お天気情報

Return to page top