ホーム > Archives > 2016-06

2016-06

2016-06-26 倉沢谷本谷

2016-06-26 Seb(記)、Yさん、Uさん、会員外3人で倉沢谷本谷に行ってきた。

個人的にコストが高い沢だった:1)足を怪我したり 2)ドライバッグに穴が空いて携帯電話とヘッドライトは水没で故障中3)ATCをどうか紛失してしまった。けど見応えのある沢:泳ぎが多くて、滝から釜に落ちても痛くないからジムのボルダみたいに挑戦できる、とても楽しかった。全ての滝突破できたというものの上りたかったラインは難しい(というか練習が足りない)から個人的に4つのラインは登攀出来なかった。

GPS記録:http://www.wikiloc.com/wikiloc/view.do?id=13818677

 

 

ルート説明

 

下記写真線の色:青=比較的に易しい(III~IV級)
オレンジ=頑張れば出来る(V級?)
赤=今後の課題(VI級?)
紫=不可能?

 

F1は右から全員突破出来て、左は足のホールドは少なくて2人が突破完了。

2016-06-26_F1
 

F2(2段5m)、右から全員突破、左から難しくて、最初足と最後足がわかり難い、私は3回挑戦して敗退、(1人は突破) F1とF2泳いで取り付く

2016-06-26_F2
 

F3(いろんな記録を見て本谷のハイライト4級)右から全員F0無しで突破(最初思いリュックでA0使って登ったけど二回目は空身で行ったら比較的に簡単だと感じた)。降りてから左のとんでもない水力と戦ってトイ状を2回挑戦してみた。最初ホールドは細かくて水量多ければ取り付きでさえ無理だろう。取り付いたらいいホールドがあるものの水力に勝てずに強く押し戻され急激に両腕がパンプして、足が不安定になって(きっとその時足を痛めた)、位置を維持するのは大変。「あと5センチで良いホールドがあったのに」と後で言われたけど、力が抜いて釜に飛び降りた。二回目挑戦したらもっと早くやられて、諦めて右から上り返した。他に誰もやってみてなかった。F2とF3の右ラインの失敗は自分の力、技術不足だけだと思って、練習すれば突破できるだと思う(また今年訪問したいなぁ)

2016-06-26_F3
 

F4(2段6mかな):最初は左から登ろうとして、途中でホールドが無い、かつ落ちたら怪我するぞと思ったら、木を使って降りてやめた。右は比較的に簡単だけどフリーで高度間があって、6人のうちに1人はA0で突破。

2016-06-26_F4
 

小滝:幾つかあってシャワーで登れるやつが多い(トポで巻く3m2つ含めて)一つが苦労して登れたけどもう一つはどうしても足も手もなくつるつるでこの体で無理だなと諦めた。

2016-06-26_small
 

F5(最後の滝):友達の記録は大雨のあと増水した状況でど真ん中登攀しているけど、真中は下は足がなく無理だった。右のラインは思ったより簡単で4人は突破できた。左から道があるように容易に巻ける。3回登って、最後はザックを背負って明らかに難易度があがる。

2016-06-26_F5
 

追加写真と動画

 

最初から足が下に届かないから泳ぐしか無い

P6260214
 

少し苦労した小滝をシャワーで突破(6人のうちに3人が達成)

P6260278
 

頑張って寒さに負けないで集合写真を撮る

P6260286
 

右からも左からも簡単に登れる小滝



 

登れそうになかった小滝



 

F3左トイ状に一回目の挑戦、核心を超えたと思ったら水力にやられた。友達の声が耳まだ届かない、何も聞こえない、自分と滝との戦い。今回は負けたけどまた挑戦して突破してみせる。



 

F5を快適に登る

P6260373
 

同じくF5を登る自分:



 

水中が綺麗

P6260220

天丸山(2016年6月18日)

2016年6月18日に、西上州上野村にある天丸山(1506m)にI西、H田、N川、konの4人で登ってきた(GPS軌跡とコースタイムは末尾に記載)。今回は8月に実施する大田山の会の「労山祭」の会場や、当日に実施する登山ルートの確認のためのハイキングだ。釣人でもあるリーダーのI西さん(あまご君)は神流川周辺によく来るそうで、彼によれば尾崎喜八の歌「父不見 御荷鉾も見えず神流川 星ばかりなる万場の泊まり」で知られる歴史のある土地とのことだ。前夜は「道の駅万葉の里」(まんばのさと)で仮眠をし、翌日に、天丸橋から大山コースの沢ルートで大山を経由し天丸山に登った。天丸山や大山からの眺望は素晴らしく、両神山、浅間山、妙義山、八ヶ岳を大パノラマで見渡すことができた。帰りは野栗沢温泉すりばち荘(500円)で汗を流した。二億八千万年前、上野村は海の底だったそうで、太古の海水が悠久の時を経て源泉として湧きだし、青バトがすりばち荘の「源泉」を飲みにやってくるとのこと。近くには神流町で発掘された恐竜の化石を展示している神流町恐竜センターもあり、今年の「労山祭」は悠久の歴史に浸りながら大いに盛り上がることだろう。kon

天丸橋の駐車場に到着
tenmaru0020 駐車場の前に登山道の案内図がある。この右から沢に入っていく。
 tenmaru0030 ルート上には赤テープが沢山あり、道を間違えることは無い。
 tenmaru0040 こんなハシゴも出てくる。
 tenmaru0050 天丸山と大山の分岐。ここから大山に向かう。
 tenmaru0051 少し岩場を登るとやがて大山頂上に到着。ここからは両神山、赤岩尾根、妙義山、浅間山、八ヶ岳が大パノラマで展開している。
 tenmaru0054 西方面の奥の方には右から蓼科山、北横岳、縞枯山、茶臼山の山々が見える。
 tenmaru0056 その少し南には右から横岳、赤岳、権現岳が見える。
 tenmaru0058 北の方には妙義山がシルエットで見えている。
 tenmaru0060 東には両神山、赤岩尾根、大ナゲシが見える。
 tenmaru0070 上記写真をカシミール3Dで見たもの。
 tenmaru0080 大山を後にし、倉門山を経由して天丸山に向かう。
 tenmaru0090 天丸山の岩場にさしかかる。太いフィックスロープがある。安全を考えるとロープを出した方がいい。我々は念のため登り・下りでロープを出した。
 tenmaru0100 天丸山の頂上で山座同定する。ここから北側は、直接見えないが、左から回り込んで北側に出ると素晴らしい展望台がある。また頂上周辺は枯れ木が多く、平成7年の山火事の跡がはっきりと残っている。
 tenmaru0110 下山は馬道ルートで下山する。昔馬が通っていたとのことで広い登山道が続くが所々崩落箇所もある。
 tenmaru0130 社壇乗越に到着。登山道はここで終了し、この後は舗装道を天丸橋まで30分歩く。
 tenmaru0140 天丸橋の看板まで戻ってきた。我々は「現在地」から出発し、大山コースを通って天丸山に登り、天丸帳付コースで下山してきた。とても楽しめるルートだった。
 天丸山GPS軌跡 今回のGPSの軌跡

<コースタイム>
天丸橋7:10~8:20大山分岐~8:35大山頂上8:55~9:15倉門山~9:50天丸山10:15~12:00社壇乗越~12:30天丸橋

 
 

ホーム > Archives > 2016-06

検索
Feeds

お天気情報

Return to page top