ホーム > Archives > 2015-04

2015-04

和名倉山(2015年4月25日~26日)

2015年4月25日~26日にM野(L)、I葉、O野、konの4人で将監峠を通って200名山の和名倉山(白石山)に行ってきた。(今回のコースタイムとGPS軌跡は末尾に掲載)この山のすばらしさは何と言っても、気持ちの良い稜線歩きと、稜線上からの素晴らしい眺望だ。 26日は天候にも恵まれ、和名倉山までの稜線からは富士山、大菩薩連嶺、奥秩父の山々、浅間山、奥武蔵、奥多摩の山々などが一望できた。しかし、和名倉山頂上は残念ながら樹林の中で眺望は全くなかった。
車は三ノ瀬にある「民宿みはらし」の駐車場に止めたが、帰るときには民宿のおばさんからお茶を出していただいた上に落花生や鹿の肉、干し柿までごちそうになった。また、大田区から来たというご夫婦と和名倉山山頂で一緒になり、下山後の「民宿みはらし」でもまた出会って山の話で楽しい時間を過ごすことができた。kon

wanakura0010 25日、13:00に「民宿みはらし」の駐車場を出発。
 wanakura0015 向かいの駐車場のすぐ後から登り始める。
 wanakura0030 最初は将監小屋への林道を歩くが、七ツ石尾根分岐から尾根道に入る。
 wanakura0040 駐車場を出てから1時間45分で将監峠に到着する。
 wanakura0050 将監小屋には2年前には無かった新しいトイレが建っていた(これは翌日の写真です)。
 wanakura0060 テントを張り、早速大宴会の開始だ。「今回こそは酔っ払いにならないぞ」と決意していたが、稲葉さんのご主人が釣ってきたかさごの刺身(絶品でした!)を始めとして、豪華な肴が山のようにでてきて今宵もご多分に漏れず酔っ払いが3人ほど誕生した。
 wanakura0070 26日、朝はキリがかかっていたが5:30に出発する。
 wanakura0080 防火帯の脇の登山道を山の神土に向けて登る。
 wanakura0090 出発から25分で山の神土に到着。左は笠取山、甲武信ヶ岳方面、右は和名倉山方面だ。
 wanakura0100 ガスがかかり、幻想的な光景が現れる。
 wanakura0110 6:40頃にはガスも晴れて素晴らしい天気になる。
 wanakura0130 東仙波の西にある無名ピークに向かって登る。この無名ピークは今回の山行で一番眺望が素晴らしい場所だった(東側の雲取山方面は東仙波があって見えない)。
 wanakura0140 7:30、三角点がある東仙波に到着。見える山々を山座同定する。
 wanakura0150 東仙波の西側の山々。正面は国師ヶ岳、その手前は古礼山、水晶山、左の雲がかかっているのは唐松尾山だ。甲武信ヶ岳は右の木で見えない。
 wanakura0160 上記の眺望をカシミール3Dで見ると左の絵のようになる(クリックで拡大)。
 wanakura0170 北側にはなだらかな山頂を持つ和名倉山(白石山)が見える。写真ではよく分からないが肉眼では両神山がよく見える。
 wanakura0180 上記のカシミール画像。
 wanakura0190 東仙波の先にはこのような岩場もある。
 wanakura0200 8:40、川又分岐に到着。見にくい指導標だ。和名倉山は右だ。
 wanakura0210 二瀬分岐に到着。和名倉山は右だ。
 wanakura0220 9:05、ついに和名倉山(白石山)に到着する。深い樹林帯の中で眺望は全く無い。取りあえず記念撮影する。
 wanakura0230 帰路に着き、東仙波の手前まで戻ってきた。正面のピークは東仙波、右のピークは無名ピーク(眺望抜群)。
 wanakura0240 東仙波手前から東方面を見ると正面に雲取山が見える。ここからは三角錐の形をした武甲山も見えた。
 wanakura0250 上記のカシミール画像。
 wanakura0255 東仙波を越えてその西にある無名ピークに登る。
 wanakura0260 無名ピークから南方面を見ると左奥に飛龍山(大洞山)、正面に竜喰山が見える。その右奥にはかすんでいるが大菩薩嶺が見えている。
 wanakura0280 上記のカシミール画像。
 wanakura0290 西仙波頂上にある標識。往路ではこの看板は見えなかったが帰るときに初めて発見した。
 wanakura0300 リンノ峰を越えると下の方に将監峠(鞍部の樹林の無い白っぽい場所)が見えてくる。その後には大菩薩嶺が大きい。その右上には富士山の頭部分が見えている(クリックして拡大するとよく分かる)。左の方にかすんでいるピークは雁ヶ腹摺山だ。
 wanakura0310 上記のカシミール画像。
 wanakura0320 12:05、山の神土に戻ってきた。。
 wanakura0340 12:25、テント場に到着。早速テントを撤収する。テント代は一人1000円だ。昨年9月に500円から値上げしたようだ。小屋の管理人さんはまだいなかったが、小屋の中に料金箱があったので、ここに4000円を入れた。
 wanakura0350 将監小屋には自炊小屋と思われる建物が増築されていた。
 wanakura0360 中はこんな感じだ。
 wanakura0370 将監小屋から三ノ瀬まで、林道を下山する。途中に「ムジナノ巣」という水場があった。これがムジナノ巣らしい。水は流れていた。
 wanakura0380 横に「ムジナノ巣」と書かれた小さな看板があった。
 wanakura0400 14:15、三ノ瀬の民宿みはらしの駐車場に到着した。この後、民宿みはらしの庭先で、お茶を出していただき、鹿肉、落花生、干し柿をごちそうになった。
 和名倉山GPS 今回のGPSの軌跡と今回のコースタイム三ノ瀬登山口13:00~14:45将監峠~14:50将監小屋テント場5:30~5:55山の神土~7:30東仙波~
8:40川又分岐~8:50二瀬分岐~9:05和名倉山9:30~11:30東仙波~12:05山の神土~12:25将監小屋テント場12:55~13:35ムジナノ巣~14:15三ノ瀬登山口
 

阿弥陀岳北西稜(2015年4月12日)


2015年4月12日に南八ヶ岳にある阿弥陀岳北西稜をI西、K井、H田、SB、konの5人で登ってきた。(GPS軌跡は末尾に記載)。I西さんと昨年の12月から計画していたがスケジュールが合わなかったり天候不良で延び延びになっていたが4月になって参加者も5人に増えてやっと登ることになった。この日は快晴で風も無くとても暑かったが我々を含めて4パーティが登っていた。kon

hokusei0100 4月11日、15:25に美濃戸を出発して南沢に入る。南沢はガスがかかり天気は今一つだ。
 hokusei0110 1時間50分ほど歩くと、右側の樹林帯に沢山のテープが巻かれたところがある。ここが阿弥陀岳北西稜の末端部分だ。少し先にエスパースのテントも見える。今日はここで幕営する。
 hokusei0120 4月12日、4:10にテントを出発し北西稜末端に取り付く。かなりの急登だ。ところどころ踏み抜いた跡があるがトレースを外さなければ踏み抜くことは無い。
 hokusei0140 樹林がまばらになってくると上部に北西稜の岩峰が姿を現す。
 hokusei0150 小ピークまでもう少しだ。
 hokusei0170 5:40、小ピークに着く。ここからは北西稜の岩稜が一望できる。
 hokusei0200 最初の1P目はロープを出さず、リッジの右側を辿る。(ここでのピッチ数は「アルパインクライミング(遠藤晴行)、「チャレンジアルパイン」(廣川健太郎)による。)
 hokusei0210 振り返ると1P目はこんな感じだ。
 hokusei0220 前には2P目を行く先行パーティの3人がいる。
 hokusei0230 2P目からロープを出す。我々はI西さん、H田さん、konの3人パーティでロープを結び、I西さんがリードで登る。
 hokusei0240 SBさんとK井さんは2人でロープを結ぶ。
 hokusei0250 2P目の途中から振り返る。
 hokusei0260 同じく”2P目を登るH田さん。
 hokusei0270 2P目終了点。
 hokusei0280 SBさんも2P目終了点にやって来る。
 hokusei0290 3P目の出だし。ハイマツが出ている。
 hokusei0300 7:10。3P目は少し登るとリッジに出る。正面には下部垂壁(第一岩峰)と上部岩峰(第二岩峰=右奥のピナクルの岩峰)が重なって見えている。下部垂壁の基部には先行パーティがいるので、その少し下で確保する。
 hokusei0305 SBさんも登ってくる。
 hokusei0310 4P目はこの下部垂壁を右にトラバースして巻く。
 hokusei0324 このトラバースは気を抜けない。
 hokusei0330 同じく4P目。
 hokusei0332 4P目の上部は岩が立ってくる。バイルをかけながら慎重に登る。頭上には上部岩峰が見えてくる。
 hokusei0390 5P目の凹角を登る。上部岩峰の基部には先行パーティがビレー中だ。この凹角を登り、上部で左のリッジに移る。
 hokusei0420 同じく5P目の凹角。
 hokusei0430 9:00、5P目終了点から北西稜を望む。写真の左下が5P目の凹角で、途中から右のリッジに移り、上部岩峰に到着。
 hokusei0440 上部岩峰のビレー点。ここから核心の2ピッチが始まる。
 hokusei0450 6P目は左の草付きのバンドを進む。この部分は簡単。
 hokusei0480 前方には阿弥陀北稜が間近に見える。ちょうど北稜の最終ピッチを登るクライマーの姿が見える。
 hokusei0490 6P目の草付きバンドをH田さんが登る。
 hokusei0500 バンドから右手の2mほどの垂壁を直上して右上バンドに入る。ここも本来は6P目だが我々は垂壁下でピッチを切った。この垂壁は氷が付いていると難しそうだ。
 hokusei0510 6P目終了点に着く。
 hokusei0520 この終了点はピトンしか無く、3つほどのピトンを連結してビレーする。
 hokusei0530 7P目、いよいよ核心の最終ピッチだ。
 hokusei0540 I西さんがアブミをセットしながら核心のスラブを越えていく。
 hokusei0550 続いてH田さんもスラブを越える。
 hokusei0560 10:20、我々は核心部を越え、7P目の終了点から7P目の核心部を振り返る。先行パーティは7P目でルートを間違えたため、我々の後からスラブを登ってきた。
 hokusei0555 ここから先はロープは不要で、直登すれば摩利支天に着く。実質の登攀はここで終了だ。
 hokusei0570 7P目を見ると、核心のスラブ下にSBさんがいる。後続パーティの間に入ってしまっている。SBさんがルートを間違って6P目の草付きバンドの途中から核心部のスラブへ直登(凄い!)してきたためだ。SBさんは当然ながらその場で後続パーティの2人が先に登るのを待つことになった。(ビレーしているのは後続パーティのメンバー)。
 hokusei0580 我々は7P目終了点の上部でSB-K井パーティを1時間以上待つことになった。晴れていて暖かかったので食事を摂ったり水を飲みながらゆっくりと待った。周辺の山々が美しい。
 hokusei0590 SB-K井パーティと合流後、阿弥陀岳頂上に向かう(摩利支天岩峰より阿弥陀岳を望む)。
 hokusei0600 右が阿弥陀岳頂上、左が赤岳だ。
 hokusei0610 12:05、阿弥陀岳頂上で赤岳をバックに全員で記念撮影。阿弥陀岳は大田山の会設立50周年記念登山50座の登山対象になっているので、本来なら50周年ポスターを抱えて写真撮影するのだが、今回は持参するのを忘れてしまった。
 hokusei0620 阿弥陀岳を中岳方面に下山開始。
 hokusei0630 下部の方まで降りていくと雪壁の雪が腐ってグジャグジャになっており、蹴り込みながら慎重に下る。
 hokusei0640 中岳沢を下る。
 阿弥陀岳北西稜 GPS 今回のGPSの軌跡。
 

ホーム > Archives > 2015-04

検索
Feeds

お天気情報

Return to page top