ホーム > Archives > 2015-03

2015-03

伯耆大山(2015年3月14日)

2015年3月14日に伯耆大山にI西さん、K井さん、N澤さん、Y内さん、konの5人で登ってきた。(今回のコースタイムとGPS軌跡は末尾に掲載)。登り始めは雪が降り出したが森林限界に出ると雪も止んできたが、弥山頂上付近ではガスに包まれた。剣ヶ峰に向けて出発したが、三角点から先はホワイトアウト状態となり、鞍部から1ピッチロープを出したが稜線も見えなくなってきたので、一旦頂上小屋に引き返し天候の回復を待った。30分後にはピーカンになり、弥山頂上まで行くと伯耆大山の頂上がしっかりと見えた。しかし、それも束の間ですぐにガスがかかって再びホワイトアウト状態になった。この日は寒気が流れ込んでおり、天候がきわめて不安定だった。13:00時点で時間切れのため伯耆大山への縦走を断念し、下山した。なお、写真はN澤さんが撮ったものをたくさん使わせてもらった。kon

daisen0355 大山寺橋の横にある駐車場(南光河原駐車場)に車を止める。登山者でほぼ満杯だ。
 daisen0360 駐車場の入口で登山計画書を提出。
 daisen0370 駐車場の先から夏山登山道に入る。
 daisen0380 登り始めるとすぐに雪が降り出す。
 daisen0390 森林限界を越える頃には雪も止み,視界も良くなってくる。
 daisen0400 上部には沢山の登山者が見える。この後、登山道は少し渋滞した。
 daisen0410 下界も晴れてきたが、日本海は見えない。
 daisen0420 しかし、弥山頂上近くになるとガスが出てきた。
 daisen0425 頂上まであと少しだ。
 daisen0430 ガスの中にかすかに大山頂上避難小屋が見えてきた。
 daisen0440 視界はかなり悪い。ここで、ハーネス、アイゼンをつけて縦走の準備をする。
 daisen0460 弥山頂上からいよいよ縦走だ。
 daisen0470 弥山頂上の先の三角点ピークまで来るとガスで方向が分からない。トレースもない。GPSで方向を確認してラクダの背に向って鞍部に下降する。
 daisen0480 鞍部からロープを出して進み始めたが、ガスで稜線が見えない。この状態では雪庇を踏み抜く可能性があるので、一旦頂上避難小屋にもどり天候の回復を待つことにする。
 daisen0490 避難小屋に戻る前に弥山頂上で、記念撮影する。大田山の会50周年を記念して会員が選んだ50座を会員みんなで1年間かけて登ることになっており、伯耆大山も50座に入っている。持参した「50周年記念ポスター」をもって撮影。
 daisen0500 頂上避難小屋で天候回復を待つ。今日の天気予報は午後から天気が回復するとのことだ。
 daisen0510 30分して小屋の外にでると何とピーカンになっていた。
 daisen0520 日本海側も晴れてきた。
 daisen0530 ロープを準備して再び弥山山頂に向かう。
 daisen0540 弥山からはラクダの背の先に剣が峰がはっきりと見えている。頂上には人影もある。ラクダの背にはトレースがないので、ユートピア避難小屋方面から来たと思われる。登山者が沢山いるピークは三角点ピークだ。しかし、この数分後には突然ガスがかかり、視界が全く無くなった。しばらく待機するが、13:00に時間切れで縦走を断念した。
 daisen0550 下山開始。下山し始めるとまた天気が回復し始めた。
 daisen0560 天気はどんどんと良くなってくる。下界もしっかりと見えている。
 daisen0570 上部を見ると大山の縦走路が見えてくる。
 daisen0580 しかし、またすぐに頂上方面はガスの中に。この日は寒気が流れ込んでおり、1日中、天候は不安定で目まぐるしく変化した。
 daisen0590 樹林帯まで下山してくる。
 daisen0600 下界は晴れだ。
 daisen0610 駐車場に到着。6時間の行程だった。
 daisen0620 大山寺橋から見ると大山が見えている。
 daisen0630 上の写真の位置からカシバードで見るとこのようになる。
 daisen0640 米子自動車道に向かう途中で振り返ると雄大な伯耆大山がそびえていた。また冬にチャレンジしたい山だ。
 伯耆大山GPS 今回の伯耆大山のGPS軌跡。コースタイム:駐車場 8:15~10:50弥山頂上(小屋)11:15~稜線撤退11:40~11:50弥山頂上(小屋)13:00~14:20駐車場
 

氷ノ山(2015年3月13日)

2015年3月13日に氷ノ山にI西さん、K井さん、N澤さん、Y内さん、konの5人で登ってきた。(今回のコースタイムとGPS軌跡は末尾に掲載)。わかさ氷ノ山スキー場からリフトを2回乗り継いで稜線に出た。氷ノ山の稜線はとても広く高低差もほとんどないのでとても気持ちの良い雪上ハイクを楽しむことができた。この日は天候に恵まれたが、荒天になるとこの広い稜線ではルートファインディングに苦労すると思われる。翌日は伯耆大山を登る予定だったので、下山後、大山にあるホテルに宿泊し、カニ料理に舌鼓を打った。なお、写真はN澤さんが撮ったものをたくさん使わせてもらった。kon

daisen0100 わかさ氷ノ山スキー場に車を止める。この時はスキー以外の登山者の車は我々以外で3台ほどあった。
 daisen0110 リフト券を2回分買う。登山計画書はここで提出することになっている。
 daisen0120 早速、リフトに乗る。リフトは誰も乗っていない。
 daisen0130 2回リフトを乗り継げば400m高度を稼ぐことができる。楽ちんだ。
 daisen0140 リフトを降りるといきなり稜線になる。
 daisen0145 やがて視界が開けて森林限界を越える。
 daisen0150 本当に広い稜線だ。ガスが出るとルートが分からなくなるので赤布を立てながら進む。
 daisen0160 三ノ丸の東屋が見えてきた。
 daisen0170 三ノ丸の避難小屋に到着。リフトを降りてから40分だ。
 daisen0180 避難小屋の中を覗くと、毛布、炭、容器などが見える。
 daisen0200 前方に氷ノ山の頂上が見る。
 daisen0210 頂上の展望所も近づいてきた。
 daisen0220 ついに氷ノ山の頂上に到着。リフト終了点を出発してから1時間40分だ。。
 daisen0230 避難小屋の中には地元鳥取のスノーボーダーが一人いた。氷ノ山にはよく来るそうだ。
 daisen0240 頂上標識前で記念撮影。
 daisen0250 頂上からの景色。遠くの方は霞んでいる。
 daisen0260 頂上でゆっくりした後、下山開始。
 daisen0270 美しい稜線が続く。実に気持ちがいい。
 daisen0280 小さな雪庇を越える。
 daisen0290 リフトを出発してから3時間25分で戻ってきた。
 daisen0300 ここからはスキー場を下降することになる。
 daisen0310 できる限り端を通る。
 daisen0320 やっと下山。天候にも恵まれ、とても楽しい雪上ハイキングだった。明日は伯耆大山に登るので、この後、大山のホテルに直行する。
 daisen0340 ホテルではカニ三昧だ。
 daisen0350 今回の目的は山よりもカニで、カニに釣られてやってきたメンバーもいる。美味しいお酒も堪能した。こんな山行もたまには必要だ。
 氷ノ山GPS 今回の氷ノ山のGPSの軌跡。コースタイムは:リフト終点出発 8:35~9:15三の丸避難小屋 9:35~10:15氷ノ山 10:45~12:00リフト終点~ 12:35ゲレンデ下端 
 

八ヶ岳摩利支天沢大滝・南沢大滝(2015年3月7日~8日)

2015年3月7日~3月8日にI西さん、ミズキさん、S原さん、S貫さん、konの5人で八ヶ岳の南沢大滝・摩利支天沢大滝に行ってアイスクライミングを楽しんで来た。今回はリーダーのミズキさんが主宰する「ミズキアイス」の最終回とのことだ。7日朝、リーダーのミズキさんの車に載って美濃戸に向かう。
南沢小滝下の平坦地にテントを張り、南沢大滝でトレーニングを開始するが、雪も少し降っており、1~2回ほど登ってその日はすぐに宴会に突入。
翌8日は摩利支天沢大滝に行った。Ⅵ級とのことで登れるように思われない垂直の氷の壁がそそり立っていた。氷瀑に着いてすぐに激しいチリ雪崩が滝の左側で発生した。直撃を受ければ飛ばされそうな規模だ。前夜からの積雪が10cmを超えていたため、その後大きなものだけでも10回以上の雪崩が発生した。我々は雪崩を避けて右端にロープを張ったので雪崩の直撃を受けることは無かった。私のような初心者でもTRを張ってもらったので、アイスクライミングを満喫することができた。なお、写真はミズキさんが撮影されたものも沢山使わせていただいた。kon

marishiten010 3月7日、南沢大滝に到着。まずS貫さんがリード登る(左側のクライマー)。
marishiten014 その後を引き継いでI西さんがリードで上部を登る。
 marishiten017 konもTRで登る(右端)。雪も少し降っており、このあとすぐに終了して南沢小滝下の平坦地のテントで宴会を行う。
marishiten100 3月8日、10時前に摩利支天沢大滝に到着。ガスがかかり、滝の下は雪に埋もれている。
 marishiten105 先に来ていたパーティーが登攀を開始したら大きなチリ雪崩がクライマーの左側で発生。写真ではすでに雪崩はクライマーの足元でわずかに見える程度だが、奥の方ではまだチリ雪崩が続いている
 marishiten110 氷瀑の裏に回り込むと美しい幻想的な世界が広がっている。
 marishiten114 雪崩を避けて氷瀑の右側に回り込み、S原さんがTRを張りにリードで登っていく。
 marishiten115 S原さんがいてくれるおかげでTRが張られ、私もこの壁にチャレンジできる。ありがたいことだ。ちなみに彼は岩では5.13クライマーだ。仲間からはレジェンドと呼ばれている。
 marishiten120 TRが張られたのでkonも登らせてもらう。
 marishiten125 前歯の掛かりが悪くかなり手に負荷がかかる。
 marishiten130 このような氷瀑を登れると本当に嬉しい。
 marishiten135 I西さんが登る。
 marishiten145 彼にとってはこのぐらいの壁は楽勝のようだ。
 marishiten155 同じくI西さん。
 marishiten160 S貫さんも登っていく。
 marishiten165 彼女も岩ではイレブンクライマーで、サクサクと登っていく。
 marishiten170 S原さんが、氷瀑の裏側から表側に向かって登りだす。幻想的な氷の世界だ。
 marishiten175 この後、表側に回り込む。
 marishiten180 表側に回り込んだ直後にまたチリ雪崩が発生したが、こちら側は大丈夫だ。左のクライマーの上を雪崩が通過していった。
 marishiten181 今度はリーダーのミズキさんが氷瀑の裏からのぼり始める。
 marishiten190 リーダーが表側に出てきたところ。この時また雪崩が起こり、リーダーは雪崩を見ている。
 marishiten195 konもこのトラバースルートにチャレンジ。
 marishiten200 氷が美しくて気持ちがいい。
 marishiten210 結構手がパンプしてくる。しかし、何故か凄く楽しい。
 marishiten193 I西さんも登る
 marishiten194 表側を登っているクライマーと鉢合わせ。
 marishiten191 S貫さんも登る。
 marishiten192 見事に表側に抜ける。
 marishiten999 しばらくして、またチリ雪崩が発生した。この日は10回以上雪崩が発生した。
 marishiten1000 摩利支天沢大滝を堪能して帰路についた。参加者の皆さん、楽しいアイスクライミングをありがとうございました。
 

ホーム > Archives > 2015-03

検索
Feeds

お天気情報

Return to page top