ホーム > Archives > 2014-12

2014-12

富士山(2014年12月28日)と美濃戸口の河原奥氷瀑(12月29日)

年末の12月28日、冬の富士山にI西、I藤ホ、N澤、O野、konの5人で登ってきた。12月27日に吉田口馬返しから登り、その日は七合目トモエ館の脇にテントを張って幕営。風が強いのでテントを飛ばされないようロープで確保して寝た。翌28日、快晴の中を出発。上部に行くにつれて風が強くなって身体があおられるが、風の息を読みながら慎重に登る。頂上近くは風は強いがアイゼンもしっかりと効き、快適だった。頂上からは素晴らしい眺望が広がっていた。冬としては本当に恵まれた富士登山だった。下山を始めると風が一段と強くなり、佐藤小屋に着いたときは我々の後から登っていたソロ登山者が滑落したとの情報が入った。(コースタイムは末尾記載)。
翌日の12月29日は美濃戸口の河原奥氷瀑でアイスクライミングを楽しんだ。
なお、ほとんどの写真はN澤さんが撮ったものを使わせてもらった。kon


 

fujiyama1010 27日、吉田口の馬返し駐車場で登山の準備をする。駐車場は凍っていてカチカチだった。
8:55、馬返しを出発。1435m
 fujiyama1020 9:45、二合目の雪道を行く。所々凍っていたが、下山時には激しく凍っていた。1720m。
 fujiyama1030 10:55佐藤小屋に着く。明日28日に閉館し、31日までは開かない。2220m。
 fujiyama1040 佐藤小屋の前で身支度を整える。
 fujiyama1050 12:30,スバルライン五合目への分岐。天気は最高だ。眺望も素晴らしい。2395m。
 fujiyama1060 八ヶ岳も美しい。金峰山、浅間山、北アルプス、南アルプスなど、ほとんどの山々が見える、
 fujiyama1070 スバルライン五合目への分岐を出発。
 fujiyama1080 2460m。
 fujiyama1090 13:40,七合トモエ館に到着。ここで幕営することにする。2740m
 fujiyama2010 風が強いのでテントを飛ばされないようにテントをロープで確保する。夜も風があったがそれほど強くは無かった。
 fujiyama2020 翌28日6:55、テントを撤収し、ここに不要な荷物をデポして登頂を目指して出発する。日の出が美しい。2740m
 fujiyama2030 7:15、2850m付近を行く。鳥居荘の赤い鳥居が見えてきた。
 fujiyama2040 2980m。
 fujiyama2050 8:30、七合三勺を超える。アイゼンがしっかりと刺さる。3120m。
 fujiyama2060 8:33、快晴だが風が強くなり、時々身体があおられる。風の息を読みながら慎重に登る。この上で、O野さんが登頂を断念し、I西リーダーが付き添って佐藤小屋に下山する。
 fujiyama2070 10:20、九合目の鳥居が見えてきた。頂上も見えている。3550m。
 fujiyama3010 10:55、素晴らしい景色が広がっている。本当に気持ちがいい。強い風を除けば冬の富士山と思えない。3700m。
 fujiyama4050 頂上直下。
 fujiyama4030 頂上の鳥居もすぐだ。
 fujiyama3020 11:00、ついに吉田口頂上の久須志神社に到着する。
 fujiyama3030 久須志神社もすっかり雪に埋もれている。3715m。
 fujiyama3040 頂上標柱で記念撮影。N澤さん。
 fujiyama3050 I藤ホさん
 fujiyama3060 kon
 fujiyama3070 お鉢の向こうには剣ヶ峰が見えている。
 fujiyama3080 剣ヶ峰を拡大するとこんな感じだ。
 fujiyama3090 11:22,午後から天気が悪化するとの予報なのですぐに下山開始。滑落注意! ここで滑ったら1000mは落ちるだろう。3670m。
 fujiyama4000 O野さんを下山させて再度登り返してきたI西さんと八合で合流し、七合トモエ館にデポした荷物を回収して13:40には2580mあたりまで降りてきたが、上部ではすでに雪煙があがり強風が渦巻いていた。佐藤小屋に着いたら、小屋のオーナーからソロ登山者が滑落した事を知らされた。我々の後にいた登山者と思われる。13:40,2580m。
 fujiyama4010 13:55、スバルライン五合目分岐に到着し、先に降りていたO野さんとも合流。全員一緒に馬返しに向かって下山する。途中で救助ヘリと思われる音が聞こえていた。
 fujiyama4020 16:40、全員無事に馬返しにたどり着いた。この後、紅富士の湯に寄ってから、翌日の八ヶ岳アイスクライミングに向けて、小淵沢に向かう。
 minotoaisu1010 29日、美濃戸口の駐車場に行き、装備を整えてすぐ近くにある「河原奥の氷瀑」に向かう。
 minotoaisu1020 この徒渉がやばかった。行きは良かったが、帰りにはスノーブリッジが崩落して危うく川に転落するところだった。
 minotoaisu1030 氷はあまり張っていなかったが、何とか遊べそうだ。
 minotoaisu1040 I西さんがリードでトップロープを張りに行く。
 minotoaisu1050 心配そうに見上げるI藤君、konと、ビレー中のO野さん。
 minotoaisu1060 N澤さんが登る。
 minotoaisu1070 O野さんが登る。
 minotoaisu1080 konも登る。
 minotosiau1090 I藤君も登る。全員が3~4回登って終了。楽しい3日間だった。今回の富士山のコースタイム: 馬返し8:55~10:55佐藤小屋11:50~13:40七合トモエ館(幕)6:55~11:00山頂(久須志神社)11:15~13:00七合トモエ館13:20~14:10佐藤小屋14:30~16:00馬返し
 

ホーム > Archives > 2014-12

検索
Feeds

お天気情報

Return to page top