ホーム > Archives > 2014-09

2014-09

黒部川下ノ廊下(2014年9月26日~9月27日)

2014年9月26日~27日にかけてI葉さん、I坂さん、konの3人で黒部の下ノ廊下に行ってきた。
下ノ廊下(旧日電歩道)の整備の完了・開通は通常は10月に入ってからだが、すでに通過には支障がないということで、あまり混まない9月の平日に入ることにした。台風が心配だったが前日に日本の東海上に抜けたので台風一過のすばらしい天気に恵まれた。道中に危険箇所は無いが、つまずくと命が無いので結構緊張して歩いた。十字峡の懸崖は絶景だった。
26日は阿曽原温泉小屋に泊まった。露天風呂は大自然に囲まれ素晴らしかった。小屋には自炊で泊まったが、我々は大きな部屋に5人だけだったのでのびのびと寝ることができた。翌27日は水平歩道を終点の欅平まで5時間かけて歩いた。折尾谷トンネルの中は泥だらけで靴が沈み難儀した。
志合谷トンネルは中を水が流れておりヘッドランプを点けてバチャバチャと歩いた。途中、右岸に見える奥鐘山西壁の800mの大岩壁に圧倒された。
宇奈月温泉では地元の人も勧める「とちの湯」で汗を流した。ここの露天風呂からは目の前にうなづき湖、トロッコ電車、遠くは清水岳が望め、とてもいい温泉だった(510円)。コースタイムは末尾記載)
kon

shimo020

黒部ダムの下で川を渡る。
shimo010

ダムの水しぶきがここまで飛んでくる。
shimo030
内蔵助平から見る「黒部の巨人」=丸山東壁。
shimo040

やがて雪渓も見えてくる
shimo050

大ヘツリの先の高巻き。
shimo060

黒部別山谷への下降
shimo080

黒部別山谷からの登り返し
shimo090

白竜峡。
shimo100

足元と頭上の両方に注意!
shimo110
ここを通過するとびしょ濡れになる。
shimo131

十字峡(展望台から見たもの)。左上に向かって流れる本流が黒部川、左岸から流れ込む沢が剱沢、右岸から流れ込む沢が棒小屋沢。
shimo140

十字峡の剱沢にかかる吊り橋を渡る。
shimo150

かなりの高度感がある。
shimo170

後続のパーティー。
shimo190

足元と頭上に注意。
shimo200

S字峡
shimo210

右岸に黒四発電所が見えてくる。
shimo230
この吊り橋を右岸に渡る。
shimo250

やがて仙人ダムが現れる。この堰堤の上を左岸に渡る。
shimo280

仙人ダムの堰堤を渡ってダムの建物のドアから中に入る。
shimo290
建物内部も「登山道」になっている。
shimo310

そして、この鉄格子を開いて外に出る。
shimo330

仙人ダムから急坂を上り、阿曽原谷に向けて下降していくと阿曽原温泉小屋の屋根が見えてくる。今日はここに宿泊する。
shimo350

キムチ鍋を囲んで宴会をやっていると顔見知りになった2名のソロ登山者も合流し、話が弾む。右端に座っているのが相模原から来たK島さん(189cmの長身だ)。立っているのが郡山から来たS藤さん。
shimo370

翌朝、5:45に出発。振り返ると阿曽原温泉小屋とテント場が見える。テント場にはトイレと水場がある。
shimo380

テント場の少し下には露天風呂が見える。この露天風呂は大自然の真っ只中にあり素晴らしいお風呂だ。四角に見えているのが浴槽で、湯煙は源泉。
shimo390

折尾ノ大滝。60m以上ありそうな立派な滝だ。
shimo400

折尾谷のトンネル。登山道は堰堤の中のトンネルを通っている。沢が荒れても対岸に渡れるが、難儀なことにトンネルの中には泥がたまり、登山靴がドロドロになってしまう。
shimo410

やがて奥鐘山西壁の大岩壁が右岸に見えてくる。クライマーの姿は見えなかった。
shimo430

水平歩道が続く。
shimo440

奥鐘山西壁を見ながら丸太道を歩く。
shimo450

志合谷に向かう。
shimo460

志合谷はトンネルで越える。中は真っ暗でヘッドランプが必要だ。長さは200mほどありそうだ。
shimo470

トンネル内には水が流れている。バチャバチャと歩いていくが時々深い水たまりにはまる。
shimo480

さらにトンネルを越える。
shimo490

黒部川越しに白馬鑓や不帰が見えてくる。
shimo500

鉄塔から急坂を急降下していくと欅平の駅が眼下に見えてくる。
shimo510

長かった下ノ廊下も終わり、全員で記念撮影。
今回のコースタイム。
<26日8時間00分>
黒部ダム7:50~9:05内蔵助谷出合~12:45十字峡~14:50仙人ダム~15:50阿曽原温泉小屋
<27日5時間10分>
阿曽原温泉小屋5:45~7:35折尾谷トンネル~8:35志合谷トンネル~10:55欅平
 

明神岳東稜~明神岳主稜(2014年9月21日~22日)

2014年9月21日~22日にかけて明神岳東稜~主稜にT津、T岡、konの3人で行ってきた。(GPS軌跡とタイムは末尾に掲載)。明神岳Ⅳ峰東稜末端の遭難碑付近でT岡さんが脚の筋肉を痛め、残念ながら下山した。ひょうたん池は思っていたよりも大きかった。第一階段は草付きというよりも藪漕ぎに近かったがロープを出して越えた。22日朝は雪という予報だったので防寒着を沢山詰め込んだうえに、2日分の水4Lとクライミングギアでふくれあがったザックが重く、らくだのコルまで本当にしんどかった。らくだのコル(2800m)は小さなテントなら2張りほどのスペースがある。夜はありったけのものを着込んで寝たので何とか寒さは感じなかった(-2°)。翌朝7:00に東稜登攀を開始した。ザックの重さが心配だったが豊富なホールドがあり問題無かった。4P目を登っているとき(8:30)、らくだのコル方向から我々を呼ぶ声が聞こえた。下の方を見ると何と我が会の精鋭部隊のI西隊(I西、I藤ホ、N澤)がやってきていた。彼らは昨日北岳バットレス終了後さらに明神東稜に転戦し、今朝3:00に上高地から登ってきたのだ。その体力に驚かされる。大声でエール交換する。2日間ともに素晴らしい天気に恵まれ明神岳を存分に楽しむことができた。明神岳主峰からの眺望は最高だったが、南西尾根の下降は本当にしんどかった。kon

myo0101

上高地から明神館に向かうと梓川越しに明神岳が目に飛び込んでくる(右が明神Ⅴ峰)。
myo0102

明神橋を渡ると正面に明神Ⅴ峰が聳える。
myo0103

明神橋を渡り梓川に沿って右に少し歩くと左方向に養魚場跡に続く道が現れる。
myo0104

養魚場跡の奥にある丸太橋を2つ越えて、踏み跡を辿ると下宮川谷に出る。
myo0105

下宮川谷に出ると向かい側に赤ペンキの岩が見える。ここから枝沢に入っていく。
myo0106

枝沢をひたすら登っていくと宮川のコルにでる。
P9210024
やがて長七のコルが見えてくる。右が長七の頭。コルの部分にひょうたん池がある。
myo0107

さらに登っていくとコル上にダケカンバの木が見えてくる。まるで奥又白池の「宝の木」のようだ。
myo0108

コルのダケカンバの木の横にひょうたん池がある。小さな池で水たまりという感じだ。この水が飲めればいいが飲めそうに無い。明神岳東稜は水場がないので結局上高地から水を担ぎ上げる以外にないのだ。
myo0109

第一階段をスタカットで登る。草付きというより藪漕ぎに近い。後は長七ノ頭。
myo0110

第一階段を越えて稜線上の大きなピークに立つと眼前に明神岳主峰のバットレスが現れる。その手前のコルがらくだのコルだ。小さなテントが2~3張りほど張れそうだ。今日はこのコルでビバークする。
myo0111

22日朝、快晴の明神岳主峰
myo0151
明神岳バットレスの登攀ルート
myo0112

バットレス基部。基部にリングボルトが1つあるがあまりに頼りないのでピトンを1つ打つ。この岩の凹角を5mほど登った後、次の岩峰基部を左からトラバースして草付きの凹角を登る。
myo0113

1P目の終了点から、らくだのコル方面を見る。
myo0114

2P目の終了点と明神主峰
myo0115

3P目。核心部だがホールドは豊富。
myo0116

4P目を登る。この岩を越えれば斜面は緩むのでロープを仕舞って頂上を目指す。踏み跡も明確だ。
myo0117

4P目を登っているとき、下の方から我々を呼ぶ声が聞こえてきた。我が会のI西隊(I西、I藤、N澤)の3人だった。昨日北岳バットレスを登り、そのまま上高地に来て今朝の3:00に明神東稜めざして登ってきたとのこと。
myo0118

明神主峰頂上に立つT津さん。後は前穂と奥穂。
myo0119

いよいよⅡ峰に向かう。正面の少し左よりを登ったが、この岩壁も手足ともにホールド豊富で難しいところは無い。
myo0150
明神Ⅱ峰の登攀ルート
myo0120

Ⅱ峰の1P目の岩場。
myo0121

2P目を登るT津さん。
myo0122

Ⅱ峰頂上。後は明神主峰
P9220094
Ⅱ峰頂上から下を見るとI西隊のI藤くんとN澤さんが見える。Ⅱ峰の岩壁は垂直に立っているので彼らが真下に見える。
myo0123

Ⅱ峰から見た明神東稜。真ん中の鞍部がらくだのコル。コルの左の稜線がバットレス。左のピークが明神岳主峰。遠景は常念岳。
myo0124

Ⅱ峰から明神主稜線を見る。手前のピークがⅢ峰(これは巻く)。その左がⅤ峰、その左がⅣ峰だ。
myo0125

Ⅲ峰を巻いたところ。Ⅳ峰側から見るとⅢ峰は立派な岩峰だ。
myo0126

Ⅴ峰。頂上直下の岩を右から巻いた後に頂上に登る。
myo0127

Ⅴ峰頂上で記念撮影。Ⅴ峰の途中で拾った古いピッケルを頂上に刺しておいた。
myo0128

Ⅴ峰から南西尾根を目指して下降する。
myo0129

切れ落ちたリッジに松の木があり、歩きにくい。
myo0130

50cmの幅しか無いリッジ。左右が切れ落ちていて落ちればサヨウナラ。
myo0131

延々と南西尾根の下降を続けてついに岳沢7号標識の地点で一般道に合流し、明神岳東稜~主稜の山行が終了した。ザックが重いためにすっかり疲れてしまった。
GPS 明神東稜

今回のGPS軌跡。宮川のコル先でルートを少し間違った。正しくは青いルートが正解。(21日:上高地BT6:20~7:05明神館~8:55宮川のコル~11:20ひょうたん池~15:20らくだのコル。22日:らくだのコル6:55~7:00明神岳東稜バットレス基部~8:45明神岳主峰~10:05Ⅱ峰~10:35Ⅳ峰~11:15Ⅴ峰~14:45 7号標識~15:35上高地BT)
 

ホーム > Archives > 2014-09

検索
Feeds

お天気情報

Return to page top