ホーム > Archives > 2014-05

2014-05

塩見岳(2014年5月24日~25日)

2014年5月24日~25日にI西、I藤、T津、SB、konの5人で鳥倉登山口から塩見岳に登ってきた。(GPS軌跡とタイムは末尾に掲載)。厳冬期の2010年1月にも同じルートで塩見岳を目指したが、ラッセルの激しさで敗退し、結局塩見岳には行けず、烏帽子岳に登って下山した。今回は雪は少なかったが樹林帯の中では踏み抜き地獄に苦しめられた。特に権右衛門山の巻き道では藪で苦しみ、身体中に切り傷ができてしまった。今回山行は登山学校(アルパイン)の体力訓練も兼ねたものだったので踏み抜き地獄の踏破は十分に訓練になった。
24日は権右衛門山巻き道の沢筋2568m地点で幕営し、翌25日に塩見岳に登った。晴れ・無風で岩場には雪はほとんど無く、とにかく暑かった。下山後は赤石荘のお風呂(500円)で汗を流した。とてもいいお薦めのお風呂だった。kon

shi100 鳥倉林道のゲート前の駐車場に到着。登山計画書をポストに入れて出発。
 shi120 ゲートを右側からくぐる。
 shi130 林道を40分ほど歩くと登山道の登り口が見えてくる。
 shi140 鳥倉登山口に到着。
 shi150 いよいよ登山道に入る。
 shi160 しばらくすると雪が出て来る。雪は腐っていて時々踏み抜く。
 shi170 登山口から2時間30分で三伏峠小屋のすぐ上の景色のいい場所に到着し、1本たてる。ここからは聖岳がよく見える。
 shi410 右から大沢岳、中盛丸山、兎岳、聖岳。クリックして拡大すれば見やすい。
 shi420 右から赤石岳、小赤石岳、前岳、中岳。
 三伏峠小屋 カシミール3Dで見るとこのように山が見える。(クリックして拡大)
 shi180 本谷山を目指して雪面を進む。
 shi190 前方には仙丈ヶ岳が見える。
 shi200 本谷山頂上に到着。
 shi210 本谷山から見る塩見岳は大きい。
 shi400 右から塩見岳、農鳥岳、間ノ岳、北岳
 shi220 やがて権右衛門山の巻き道に入るがここからは藪と踏み抜き地獄で難儀する。
 shi230 権右衛門山の巻き道の途中の2568m地点。今日はここで幕営する。
 shi240 翌朝、5:30にテント場を出発して塩見岳を目指す。
 shi250 天気もよく、気持ちよく登る。
 shi255 滑りそうなところではしっかりと蹴り込む。
 shi258 遠くに間ノ岳と農鳥岳がかすんでいる。
 shi270 塩見小屋は屋根まで雪に埋もれている。正面は塩見岳西峰、その右は天狗岩。
 shi275 雪面のトラバース。ここはアイゼンを付けて越える。
 shi280 岩場が頂上まで続く。
 shi290 テント場から2時間10分で塩見岳西峰(3047m)に到着。
 shi300 南東方向には塩見岳東峰(3052m)が見える。
 shi310 空身で東峰に向かう。
 shi330 下山開始。登りの時にアイゼンを付けてトラバースした雪壁をフィックスロープを張って越える。
 shi340 テント場に到着。テントを撤収する。
 shi350 三伏山から見た三伏峠小屋。
 shi355 三伏峠小屋。今の時期は開いていない。
 shi360 腐った雪面をトラバース。時々足下の雪が崩れて滑る。
 shi370 まもなく鳥倉林道だ。
 shi380  鳥倉林道に出てからゲートまで30分かかる。
 shi390  ついにゲートに到着。
 shiomi-GPS2  今回のGPS軌跡。<24日>ゲート前駐車場6:20~7:00鳥倉登山口~10:30三伏峠小屋上部の休憩地~12:30本谷山~15:20権右衛門山巻き道幕営地(2568m)<25日>幕営地5:30~6:05塩見小屋~7:40塩見岳西峰~7:55塩見岳東峰~9:15塩見小屋~9:30幕営地~11:55本谷山~13:30三伏峠小屋~15:35鳥倉登山口~16:05ゲート前駐車場
 

裏妙義木戸壁右カンテ(2014年5月17日)

I村さんが知人から裏妙義に木戸壁右カンテというマルチピッチルートがあるという話を聞きつけ、2014年5月17日に2人で登ってきた(トポ、GPS参照)。岩が脆いという話だったがそれほどでもなく、高度感もあってとても楽しめた。木戸前ルンゼにも登ろうと、右カンテ終了後、右カンテ取り付き点の更に奥(右)に入り、沢を遡上して木戸前ルンゼ取り付き点を探した。しかし、30分以上探し回ったが結局取り付き点が分からないまま断念して下山した。帰りは裏妙義の国民宿舎に立ち寄って風呂に入り(400円)汗を流した後に帰京した。kon

 kidokabe map 木戸壁右カンテの場所は国民宿舎裏妙義の脇から籠沢(こもりさわ)沿いの登山道を丁須の頭方面に登って40分ほどで取り付き点に到着する。(クリックして拡大)
 kido10 トポ。「岳人2011年3月号」に記載された知久隆氏の報告書に掲載されたもので、この通りに登った。(クリックして拡大)
 kido100 裏妙義の国民宿舎の宿の人の承諾をとって車を止め、登山道に向かう。
 kido110 籠沢沿いの登山道にはテープやペンキが沢山ついている。
 kido120 登山道を進んでいくと右側から巨大な岩壁が迫ってくる。この岩のすぐ右に岩室がある。
 kido130 これが岩室。国民宿舎からここまで約40分。
 kido140 写真の一番奥の木のある場所が木戸壁右カンテの取り付き点だ。登山道からはわずか30mほどの場所だ。岩室の前で登攀装備を準備して取り付き点に行く。靴下をズボンの上に出しているのは「ヒル」対策のためだが、籠沢はまだヒルは出ていなかった。
 kido150 1P目(15m、Ⅲ)。岩は立っているがホールドは豊富。
 kido160 2P目(20m、Ⅳ)。妙義特有の「たどん」状ホールドがたくさんあり、抜けないか慎重に確認しながら登るが、結構安定していた。「たどん」崩落に備えているのか、ボルトが非常に沢山打たれている。最後はかぶり気味の岩があるがそこを左から回り込んだところが終了点。
 kido170 2P目の終了点。終了点には古いスリングやシャックル、残置カラビナなどがある。
 kido180 2P目終了点から取り付き点を見下ろす。
 kido190 3P目(20m、Ⅲ)。ここは松の木を目指して登る。高度感も出てきて楽しい。
 kido200 3P目の途中にはゴジラの背のような岩が出て来る。これをホールドにするととても快適だ。
 kido210 3P目の松の木テラスから下を見る。
 kido220 4P目(30m、Ⅳ)。出だしは右上に向かってバンドを登り、そこからは高度感のあるカンテを楽しみながら登る。途中に終了点があるが、これは懸垂下降用に使うことにして、さらに上の終了点まで登る。
 kido230 5P目(15m、Ⅲ)の終了点に到着後、下を見下ろす。写真の左の沢の奥の方に木戸前ルンゼ取り付き点があるはずだが・・・。
 kido260 5P目の終了点から上を見る。かぶった岩が見えるがこの先はボルトが無いため、ここで登攀を終了する。
 kido250 終了点から右にはいかにも妙義らしい岩峰群が見える。
 kido240 下の方には国民宿舎の駐車場が見えている。
 kido270 下山は、おなじルートを懸垂下降で下る。「たどん」状の岩にロープが引っ掛からないように50mロープ1本で下る。
登り2時間、下り1時間だった。
 

五竜岳~鹿島槍ヶ岳(2014年5月3日~5日)

今年のGWは遠見尾根~五竜岳~鹿島槍~爺ヶ岳南峰~南尾根~扇沢出合を縦走した。(今回のGPS軌跡は末尾に掲載)。今回のメンバーはA山さん、I西さん、H田さん、I藤君、K野マさん、konの6人だ。縦走路は雪も少なく、大半は夏道が露出しており、特に危険なところは無かった。八峰キレットは懸垂下降で越えた。天候は一時的に雨や雪、強風もあったが概ね良好で後立山を存分に楽しむことができた。kon

 

go100 5月3日エスカルプラザからリフトで遠見尾根に入る。
go300  凄い数の登山者だ。
 go500  五竜岳の景色も最高だ。
 go600  大遠見の先には沢山のテントが張られている。
 go700  西遠見を越えると雨とガスで視界が悪くなる。
 go800  白岳のトラバースでは視界が非常に悪くなったがトレースが見える程度のガスなので支障はない。この後、まもなく五竜山荘に到着しテントを設営する。この時事件が勃発。なんとテントのポール1本を谷筋に落としてしまう。仕方なく2本のポールと2本のプローブを利用して何とかテントを張る。しかし夜中は強風でテントが叩かれ、しかもポールの代わりにプローブが入っているのでその揺れ方は尋常ではなく、みんな十分には眠れなかった。
 go900  5月4日。翌朝は快晴だ。白岳の肩越しに出てきた日の出も拝むことができた。
 go1000  五竜岳(正面の平なピーク)もモルゲンロートに染まり、今日の縦走は期待できそうだ。
 go1100  テント撤収に取りかかる。テントの手前側のフライが垂れているが、この下にはテントポールではなくてプローブが差し込まれているからだ。
 go1200  いよいよ五竜岳への登りだ。
 go1500  頂上に近づくと雪面の傾斜が強まるが、雪は安定していて気持ちよく登れる。
go1600
 ついに頂上稜線に出る。先端に五竜岳の頂上が見えている。
 go1600-1  6人全員で記念撮影。
 go1700  西には剱岳、立山の峰峰が見える。この日は大田山の会の「T中チーム」も立山に登っているはずだ。聞こえないのは分かっているが「T中さ~ん」と叫んでみる。
 go1800  南に見える鹿島槍ヶ岳への縦走路も美しい。
 go1300  下を見ると五竜山荘が白岳の麓に見えている。よく見ると白岳をトラバースするトレースも見える。
 go1900  五竜岳から鹿島槍に向かう。
 go2000  岩場には雪が付いていないところも多い。
 go2100  雪の多いところもある。慎重に下る。
 go2300  縦走路から後を振り向くと五竜岳がそそり立っている。
 go2400  口ノ沢のコルで1本立てる。
 go2500  キレット小屋の手前の雪壁を登る。
 go2600  キレット小屋に到着。小屋は営業していない。
 go2700  キレット小屋の南にある急なピークに登る。この上に八峰キレットへの下降点がある。
 go2800  下降点に到着。懸垂下降で降りることにし、ロープをセットする。岩の上に設置されている太い鉄棒のしっかりとしたアンカーを支点にする。
 
go60

 6人全員が懸垂下降でキレットの底に降りる。25mほどなので50mロープでピッタリの長さだ。
 go3000 まもなく鹿島槍の北峰と南峰のコルに着く。正面に見えるのは鹿島槍の南峰だ。
 go3200  鹿島槍南峰に到着。18:30を過ぎており、すでに暗くなりかけている。このあと布引山方面に標高差180mほど下った雪面の上で幕営する。
 go61  5月5日。天気は曇り。テントを撤収して下降を開始。
 go3300  爺ヶ岳(正面の山)目指して下降を開始。
 go3400  やがて冷池山荘が見えてくる。冷池山荘で飲み物を買ったりして一休みする。
 go3500  爺ヶ岳への巻き道に入ると雪と風が強まってきた。立ち止まると寒さで手の感覚がなくなってくる。この日は北アルプスで多くの遭難事故が発生し、死者も出たようだ。
 go3700  爺ヶ岳南峰頂上で記念撮影。この後、南尾根を下山する。
 go3800  ひどいガレ場が続く。赤いテープが至るところに付けられており、ルートに迷うことは無い。
 go3900  雪の上も通る。
 go4000  南尾根下山中に爺ヶ岳南峰(正面のピーク)を振り返る。この後、雪から雨に変わるが無事扇沢出合の駐車場に降り立った。
 GPS100  ①今回のGPS軌跡(白馬五竜スキー場~キレット小屋あたりまで)
 GPS200  ②今回のGPS軌跡(キレット小屋~爺ヶ岳あたりまで。なお、鹿島槍北峰トラバース地点から幕営地までの区間が電池切れのためにルートが直線になっている)
 GPS300  ③今回のGPS軌跡(爺ヶ岳~南尾根~扇沢出合まで)
 

ホーム > Archives > 2014-05

検索
Feeds

お天気情報

Return to page top