ホーム > Archives > 2014-01

2014-01

労山関東ブロック雪崩講習会に参加(2014年1月25日~26日)

2014年1月25日~26日にかけて労山関東ブロック雪崩講習会(雪崩事故を防ぐための講習会)に参加してきた。参加者は講師4人、講習生7人の計11人だった。25日は土合山の家で 開校式を行った後、天神平スキー場の上部に移動して講習開始。積雪断面観察、弱層テスト、雪庇観察、 埋没体験、掘り出し訓練等を実施した。天神平から下山後は土合山の家で夕食をとり、食後さらに 2時間机上講習をした。机上講習後は講師を含む参加者全員で交流会が行われ、会話も弾んだ。26日は 机上講習後、土合山の家の裏山で初動捜索訓練、ビーコン捜索訓練、掘り出し訓練、積雪断面 観察と雪の結晶観察等を実施。その後土合山の家に戻り閉校式を行って解散した。捜索訓練、 掘り出し訓練などは毎年練習をして身体に覚え込ませていないと実際に雪崩に遭遇したときに 正しく実践できないことを痛感した。kon


天神平の上部で「中央登山学校」の旗をたてて、訓練を開始。
訓練場所から谷川岳の西黒尾根を見ると、雪崩の破断面がはっきりと分かる。ザンゲ沢~西黒沢は雪崩れて危険ということだ。
W山講師が積雪面を10cm単位で雪温を測る。10cmで1度以上温度差があれば温度勾配変態により霜ざらめ雪ができて、そこが弱層となり雪崩面が形成される。この日は10cmで0.1度程度であったが、放射冷却で雪面が冷やされると積雪層の上下で温度差ができて、雪の中で霜ざらめ雪ができる。霜ざらめ雪は雪崩れの最も典型的な弱層面になる。
受講生が各自、雪質の状況の確認、雪の結晶のルーペによる観察を行った。また、指で雪面を突き刺して積雪層の硬さもチェック。

 
S山講師によるシャベルコンプレッションテスト。スノーソーが無いと雪柱の切り出しが難しい。切り出す雪柱の高さは雪面に踏み込んだ靴底から70cm以上が必要。表層に近い積雪層の安定性はシャベルチルトテストで確認した。
S本講師のもと、受講生もシャベルコンプレッションテストを行う。
S山講師による円柱テスト。直径30cmの円柱を作るのが難しい。また、慣れないと引っ張っているときに円柱が倒れてしまう。
受講生も円柱テストを行う。奥の方に見えているのは、雪山訓練ツアーの人たち。凄い人数で歩行練習をしていた。
K嶋講師が雪庇の断面を切り出し、断面観察を行う。積雪の屈折が観察でき、雪庇の大きさが分かる。
プローブでの感触体験。人にプローブが当たると弾力があって人であることが分かる。
W山講師(NPO日本救助犬協会)の「救助捜索犬」による埋没者捜索も行った。
救助犬の名前は「ヒット」。とても頭が良く、可愛い。
受講生を雪中に埋めて、他の受講生がプローブで探して掘り出す訓練。掘り出すのは本当に体力が必要で、V字ベルトコンベア法で絶えず交代しながら掘り進めないとスピードが落ちてしまう。埋没者の谷側を掘り下げていく。
掘り出す時は、埋没者が冷えないよう、すぐにツェルトをかぶせる。意識確認、気道確保を行い、動かす場合は頸椎固定をしながら動かす。これらは何度も訓練して慣れないと覚えられない。要救助者役はK嶋講師。
  今回の講習では講習生の行方不明対策として「ヒトココ」という装備を使った。親機と子機からなり、電波は5km飛ぶというもので、ヘリコプターからでもピンポイントで位置確認できるという優れものだ。子機は20g電池は3ヶ月保つ。

守門岳(2014年1月18日-19日)

2014年1月18日~19日に守門岳にI西、I坂、T中、K城、F島、N澤、SB、T永、konの9人で登ってきた。 (GPSの軌跡は末尾に掲載)。豪雪と強風で厳冬期の 1月~2月に入山する人はほとんど無い越後の山だが、大田山の会の先輩で越後の雪山に詳しく、現在地元魚沼市に在住 のT永さんに同行していただくことになり、厳冬の守門岳を目指した。 大原スキー場からリフト2台を乗り継ぎ、リフト終点から支尾根(夏道があるエデシ尾根の西にある尾根)に取り付く。 終始膝から腿までのラッセルが続き、守門岳の稜線に出ると風雪が強くなり、視界が10mほどになった。1223m地点でテントを 張り、不要な荷物をデポして守門岳頂上を目指した。風雪とガスの中、 テント場から1時間30分でついに守門岳頂上に到着した。頂上を示す標柱が雪の中にかろうじて見えており、そこが頂上であることが 分かる。眺望は全くなく、寒さと風に追われて記念撮影後すぐにテント場に引き返した。夜から風雪が強くなり、テントが 風で叩かれ続けてなかなか眠れず、トイレにも行くことができない状態だった。翌朝も厳しい風が続き、トレースも 消えていたため下りもずっとラッセルが続いた。しかし、久々に雪山らしい雪山を登ることができ充実した山行だった。kon

 朝、出発前に全員のザックの重量を測定する。今回の山行は軽量化も課題の一つだ。共同装備を除き15.5kg(今回の山行は雪山訓練山行なので、ヘルメット、ハーネス、ガチャも含んだ重量だ)がリミットで、これを超える場合は、荷物の一部を車に置いて行かねばならない。共同食の野菜は全て自宅で乾燥させて重量を半分まで減らしてきた。
  いよいよ登山口の大原スキー場に到着。
リフトを2台乗り継いで登山口を目指す。
第2リフトの終点から正面の樹林帯に突入する。
雪は膝~腿までの深さで終始ラッセルが続く。
最初の内は守門岳への稜線が見えている。
振り返ると雪をまとった越後の山々が見渡せ、その荘厳さに心を奪われる。越後の雪山は本当にすばらしい。
延々とラッセルが続く。
ついにホワイトアウト状態になる。尾根も広く、どこが尾根の中央か分からない。
1223m付近でテントを設営し、不要な荷物をテントにデポして全員で守門岳の頂上を目指す。
1428m付近で先頭を歩いていたN澤さんの姿が消える。ヒドゥンクレバスに3mほど落ちた。中はけっこう深い。雪がクレバス(シュルント)を覆っていたため、クレバスが見えなかったのだ。何とか一人で雪面に這い上がって脱出した。
ついに守門岳の頂上に到着。頂上にある標柱が雪の中に見え、ここが守門岳頂上であることがかろうじて分かる。
取りあえず記念撮影し、風と寒さに追われてテント場に引き返す。視界は15mほどだ。
 テント場に帰還。
テントの中ではいつもの宴会がはじまる。ステーキ、鶏肉シチュー、マッシュポテトなどで使用する野菜は全て自宅で乾燥させてきた干し野菜だ。就寝するころから風雪が強くなり、強風がテントを叩き続けてなかなか眠れない。
朝、テントを撤収。強風でトイレもままならない中を下山開始。赤布も激しくなびく。
下山中に視界も良くなってきた。
しかし、突風が絶えず吹き付ける。
下界が見えてきた。
第2リフトの上部に到着。ラッセルと強風の中、雪山らしい充実した山行となった。
今回のGPSの軌跡

権現岳(八ヶ岳 2014年1月13日)

2014年1月13日に、SBさん、S藤さん、konの3人で南八ヶ岳の権現岳に登ってきた。(GPSデータは末尾に記載)。厳冬期は天女山駐車場までの道が閉鎖されているので、 天女山入口のゲート横にあるスペースに車を止めて、そこから天女山経由で登った。この日は天候にも恵まれ、八ヶ岳のみならず南アルプス、富士山、奥秩父の山々の眺望がすばらしかった。kon

天女山入口にあるゲート。冬は閉鎖されているので、ゲート横のスペース(車5台ほど駐車可能)に車を止め、ゲートの右から奥に入る。
ゲートを越えると左側に天女山への登山道が現れる。登山道には権現岳頂上までしっかりとトレースがついていた。
登り始めるとすぐに暑くなったの体温調整をする。その間にソロの女性が横を抜いて行った。足の速い人だった。
出発から30分ほどで天女山に到着。
天女山駐車場を越えたところで太陽が上がってきた。富士山も綺麗だ。
天の河原からの眺望はすばらしい。
しかし、三ツ頭方面はガスが出ている。
途中で、西岳から縦走してきた女性5人のパーティと出会った。
前三ツ頭のガスも晴れてきた。
前三ツ頭に到着し記念撮影。三ツ頭のガスも晴れてきた。
途中でカモシカがトレースをふさいでいた。すぐ後ろに行ってもこちらを見ているだけで動こうとしない。怪我をして動けないのかと心配になったが、右からカモシカを巻いて登っていった。
三ツ頭に到着。権現岳から赤岳まで綺麗に見渡せる。眺望は抜群だ。
権現岳の頂上には登山者の姿がある。
権現岳直下の雪壁をトラバース。しっかりとしたトレースがあり、難しいところは全くない。
権現頂上がすぐ上に見えてきた。
ついに権現岳の頂上に着く。頂上でS藤さんが記念撮影。
SBさんも頂上でポーズ(背景は赤岳)。
権現岳の頂上から見た、右から赤岳、中岳、阿弥陀岳。更に後ろは横岳、小同心、大同心、硫黄岳。
下山してきたら、全く同じところにカモシカがまだいた。4時間この場所に立っていたわけだ。やはり足を怪我したのでは無いかと心配になり、行動食を与えようとしたところ、カモシカは歩き始め、やがてトレースを離れて見えなくなった。何故4時間も同じ場所に立っていたのかいろいろ詮索しながら下山した。
そして登山口のゲートに到着した。下山は少し急いだので権現岳頂上から2時間40分で着いた。
今回のGPSの軌跡

ホーム > Archives > 2014-01

検索
Feeds

お天気情報

Return to page top