ホーム > Archives > 2013-10

2013-10

北岳バットレス第4尾根(2013年10月13日)

2013年10月13日、5人で北岳バットレス第4尾根を登ってきた。(GPS軌跡は末尾に掲載)。下部岩壁はDガリー大滝から登り、横断バンドに出てCガリーを詰め第4尾根取り付きに行った。我々の前後には沢山のパーティが ひしめいていて人気のルートであることが分かる。枯れ木テラスの枯れ木は残っていたが、その先が崩落しており城塞ハング側にトラバースする場所は結構スリルがある。城塞ハングはアブミで越えた。kon

10月13日、白根御池小屋のテント場を出てバットレスに向かう。
Dガリー大滝の下部岩壁の取り付きに到着。明るくなってきた。
下部岩壁1P目。I西さんがリードし、続いてMさんが取り付く。この取り付きの岩は少し難しい。岩が冷たくてグローブをしていても指先がしびれてくる。この後は終始I西さんがリードする。
同じく1P目をリードで登ってくるK野さん。下の方では多くのパーティが順番待ちしている。
下部岩壁3P目を登るI西さん。下部の最終ピッチだ。
 下部3P目の終了点から右にトラバースし、横断バンドに入る。
横断バンドは悪い。ロープを使わないと怖い。落石させないよう要注意だ。
Cガリーに着いて後続のK野さん、F井さんのパーティを待つ。今回はCガリーを詰めて第4尾根の取り付きに向かうことにした。Cガリーは左端以外のところは落石が起こって歩けない。
第4尾根の1P目を登るI西さん。この出足は結構難しい。
1P目をM木さんが登る。暖かくなりグローブは不要だ。
1P目をリードするF井さん(黄色いザック)。楽しそうだ。
2P目。ピラミッドフェースの頭が正面に見えるがその基部でピッチを切る。ここは右からでも左からでも登れる。
3P目。白い岩のフェースに入っていく。
5P目。3m垂壁を越えてマッチ箱のピークへ向かう。この出足も少し難しいが右のカンテ側に登ると案外簡単だ。
5P目。渋滞しているので途中でピッチを切る。城塞ハングが見えてきたが、右の方が崩壊している。
5P目を登るK野さん(赤いザック)。我々のパーティとの間に1パーティが入り込んでいる。
マッチ箱のピークから懸垂下降するF井さん。
6P目。枯れ木テラス目指してフェースを登るI西さん。
6P目を登るM木さん。
 6P目を登るK野さん
 6P終了点でビレーするK野さんと登ってくるF井さん。
7P目は枯れ木テラスでビレーする。枯れ木は残っているがその先は崩落しており、数十メートルの絶壁となっていて先には進めない。
枯れ木テラスの枯れ木を使ってビレーするF井さん。
I西さんが城塞ハングに向かってトラバースを開始。まるで八ツ峰Ⅵ峰Cフェース剣稜会ルートのハイライトのリッジのようだ。リッジの途中で40cmほどの亀裂(ギャップ)がある。怖くてお尻のあたりがスースーする。
同じくリッジをトラバースするF井さん。
いよいよ城塞ハングのチムニー下に着く。ここで前のパーティが登るのを待つ。
城塞ハングのチムニーを少し離れたところから見るとこんな感じだ。我々はアブミをかけて登ったが、アブミはここでは少し使いにくかった。
城塞ハングを越えてハイマツでビレーするF井さん。ここで第4尾根の登攀も終了だ。人気のルートだけあってとても楽しいルートだった。
鳳凰三山を背景に北岳頂上に向けての急登が始まる。クライミング終了後の最後の詰めが結構しんどい。
ついに北岳頂上に立ち、記念撮影する。天気は最高で充実感一杯のクライミングだった。
今回のGPSデータ

谷川岳一ノ倉沢烏帽子沢奥壁中央カンテ(2013年10月8日)

2013年10月8日、3人で一ノ倉沢・烏帽子沢奥壁中央カンテに行ってきた。(GPS軌跡は末尾に掲載)。今年の6月に行った時は雨で岩が濡れており、2ピッチを終了した地点で敗退したが、 今回は天気に恵まれ、終始Iさんのリードで無事登ることができた。それにしても中央カンテは岩が脆い。触る岩のほとんどがことごとく動く場所も沢山あり気が休まること はなかった。5P目のチムニー、7P目の垂壁とコーナークラックはとても難しかった。10P目の烏帽子岩の左のルンゼも逆層の上に水が染み出してヌルヌルで生きた心地がしなかった。今回は国境稜線に抜けたが、ここは体力勝負の長丁場だった。しかし、思い返せば中央カンテは変化に富んでいて谷川を満喫できる充実したルートだった。kon

まだ暗い中、一ノ倉沢に入る
ここからヒョングリの滝を高巻く
懸垂支点に到着。ここからテールリッジの基部に懸垂で下降する。
ロープを濡らさないように回収するのが大変だ。
雪渓がないとテールリッジまでがやけに遠い。
いよいよ中央カンテの登攀開始だ。1P目はトラバースから始まるがここでは落ちたら大変なことになる。
2P目
3P目。終了点から見下ろす。出だしのランペは濡れていていやらしいがカンテに出るととても気持ちがいい!
4P目。カンテを快適に登る。終了点近くは岩が非常に脆く、落石させないよう神経を使う。
5P目のチムニー(Ⅴ-)をIさんが越える。結構難しい。
続いてHさんが越える。
7P目の最初の核心部の垂壁をIさんが越える。この垂壁には残置スリングが沢山下がっているのでそれにぶら下がったがフットホールドがなく、かなりの体力勝負だった。
続いてHさんが越える。
左下の方をみると南稜テラスにクライマーの姿が見える。南稜は人気ルートなので平日にもかかわらず3パーティ、12人ほどが取り付いていた。
7P目の第二の核心部であるコーナークラックをHさんが越える。ここも難しい。写真で見るのと違って左の岩はかなり立っている。残置スリングを掴んだり、右のアンダーをとったり、左のカンテや壁のカチを掴んだりして何とか越える。
8P目
  9P目。烏帽子岩が見えてきた。
9P目は長いので途中で切る。
9P目の後半。烏帽子岩までもう少しだ。
ついに烏帽子岩の基部に到着
10P目。逆層のルンゼ。水が染み出しており、岩がヌルヌルで生きた心地がしない。左上の笹藪の中がビレー点だ。
ここから笹藪を前方奥の懸垂岩まで詰めれば、長かった中央カンテルートもやっと終了。
登攀終了後、衝立尾根を国境稜線に向けて登る。
振り返ると一ノ倉沢、滝沢スラブ、衝立尾根の絶景が広がる。
やがて5ルンゼの頭の登りになる。岩がボロボロで支点も少なく怖い。すかさずロープを出す。
一ノ倉尾根のいくつもの小ピークを越えていく
岩場も続く
  国境稜線は近い!
いよいよ最後の藪漕ぎだ
長く辛い一ノ倉尾根もやっと終了して国境稜線に出た。ここから谷川岳を経由して下山だ。
 今回のGPS軌跡

11月17日に公開日帰りハイキングを開催します。

2013年春の公開山行
山に登ってみたいけど、どうやって行ったらいいのか分からない・・・
山の会の雰囲気を知ってみたい!

山登りを大田山の会の仲間と始めてみませんか?
どなたでももお気軽にご参加いただけます。

公開ハイキングの日程・概要

山行日 2013年11月17日(日)
集合場所・時間 JR五日市線 武蔵五日市駅バス①番乗り場 午前8時50分
行程 都民の森~三頭山~槇寄山~数馬
(参加者多数の場合は別行程となる場合があります。)歩行約4時間
参加費 1,000円
(山岳保険代を含みます。ただし、食費や交通費は含まれません)
持ち物 ザック(30 リットルくらい)、登山靴、雨具(上・下別のもの)、帽子、手袋、着替え、行動食・山頂での昼食(おにぎり、パン、コンビニ弁当、カップラーメン等)、水(清水、スポーツ飲料、お茶等)、ヘッドランプ、地図、コンパス
(この他、折りたたみ傘、ストック、日焼け止めがあると便利です。)
【パンフレット(PDF形式)はこちら】

お申し込み・お問い合わせ

11月6日(水)19時~21時に南蒲一会館で開催される11月例会にお越しになり、参加費を添えてお申し込み下さい。
(その際、簡単なお打ち合わせと参加申込書にご記入いただきます。)
ご不明な点がございましたら、以下のフォームでお気軽にお問い合わせ下さい。

>>お問い合わせはこちらから<<

【ご注意】大田山の会が企画しております「公開山行」はガイド登山ではありません。
パンフレットを閲覧するには「Adobe Reader(無料)」が必要です。右のバナーをクリックするとインストールするページへ移動します。⇒

ホーム > Archives > 2013-10

検索
Feeds

お天気情報

Return to page top