ホーム > 山行報告 > 槍ヶ岳北鎌尾根(2013年9月22日)

槍ヶ岳北鎌尾根(2013年9月22日)

2013年9月21日-23日、槍ヶ岳の北鎌尾根にI村、F井、N本、konの4人で行ってきた。(GPS軌跡は末尾に掲載)。21日に上高地から入山した。水俣乗越では、「北鎌は4回目だでー」と話していたおじさんが「気付け薬」と 称してウイスキーを飲んでいた。少し驚いたが何度も来ている人なので気付け薬を入れても大丈夫のようだ。北鎌沢の出合で20張り近いテントが張られていた。 22日は4時前に出合を出発した。この日はすばらしい天気で、北アルプスの山々を見ながらの北鎌尾根縦走は最高だった。 独標では巻き道の途中から頂上に登ったが、そのまま独標(P10)を巻いてP11に向かうパーティも沢山いた。白ザレ岩峰の先の岩場で、先行する女性4人パーティから 落石があったが、落石した女性がわざわざ我々のところに「すいませんでした!」と謝まりにきた。とても礼儀正しいしっかりとしたパーティだった。 このパーティは名古屋の「あつた労山」のメンバーでその後もずっと彼女達と前後して各ピークを登った。槍の頂上から見ると小槍には4人ほどが取り 付いていた。我々も当初は小槍も登る計画を立てていたが装備が重くなるので今回は断念した。しかし、小槍を登っているパーティーを見ているとやはり登りたくなってしまった。kon

 徳沢も登山者で一杯だ
横尾からの前穂北尾根、明神の姿は絶景
槍沢ロッジも人が一杯
ババ平もテントが一杯!みんな山が好きなのだ!
 大曲。ここから水俣乗越への急登が始まる。
水俣乗越から天井沢への下り。今年は入山が遅かったので雪渓はほとんど残っていない。
22日、まだ暗い中、北鎌沢右俣を詰める。
北鎌のコルに到着。やっと明るくなる。
北鎌尾根の稜線に出ると高度感が出てくる。
ハイマツ掴みの急登を登る先行パーティ
天狗の腰掛けが見えてきた。
独標も見えてくる。すごい迫力だ。
天狗の腰掛けから独標を目指す。
天狗の腰掛けを振り返る。頂上に登山者の姿が。
いよいよ独標のトラバースの開始だ。この残置ロープは伸びるので怖い。
トラバースも岩が立ってきて厳しくなる
独標を越えて次のピークを行く(左後方のピークが独標)。
白ザレの岩峰を登る。
P15の登り
P15からの槍ヶ岳。小槍、孫槍、曾孫槍も鮮明だ。
P15にある「諸君、頑張れ」のプレート。
P15の下り。
  北鎌平の登り
北鎌平に到着
いよいよ槍の穂先に向けて登る。カニのハサミの近くにある「穂先は近い」のプレート。
槍の穂先まであと少し。
ついに槍の穂先に到着。ヤッター!
名古屋の「あつた労山」の女性4人。元気いっぱいの明るいパーティだ。P13から一緒になり各ピークを前後しながら登った。明神から上高地への下山途中でも出会った。ありがとうございました!
 今回のGPS軌跡

Comments (Close):2

imarin 13-09-26 (木) 23:50

北鎌!今年も行けませんでした。会でバリエーションに行けるなんてうらやましい。でもやはり、一部の人なのでしょうか・・・ 

コンちゃん 13-10-16 (水) 10:46

imarinさん
北鎌は大田山の会では毎年誰かが入っています。北鎌は難しいところはなく、体力勝負のルートです。是非チャレンジしてください。

ホーム > 山行報告 > 槍ヶ岳北鎌尾根(2013年9月22日)

検索
Feeds

お天気情報

Return to page top