ホーム > Archives > 2012-06

2012-06

谷川岳衝立岩中央稜(2012年6月24日)

2012.6.24  快晴の中、谷川岳衝立岩中央稜にI西、Y崎、I村、konの4人で登ってきた。その日中央稜を登ったのは4パーティ14人だった。一ノ倉沢の雪渓は一部崩落しており、右岸を少し巻いたが、雪渓はテールリッジまで繋がっていた。あと10日もすれば通れなくなるかもしれない。中央稜は高度感もあり、とても快適だ。終了点の衝立ノ頭からの眺望は最高で、滝沢の各スラブやドーム、武尊山、白髪門、笠ヶ岳、遠くは巻機山まで望めた。下降は登攀ルートを戻ったが、ロープは引っかかることなく、下山できた。kon

 

富士山の夏

6/23 大雨の後のつれづれなるままにお山を登る。
雪も消えかかり、富士山の風はもう夏の気配。

     久しぶりに薄い空気を楽しんできました。












雪渓をつなげたら下山は1時間半です。




 

 

谷川岳烏帽子沢奥壁南稜(2012年6月14日)

2012.6.14梅雨の晴れ間を縫って、谷川岳烏帽子沢奥壁南稜にY崎、I村、konの3人で登ってきました。前日は雨が降っており、岩が濡れていて登れるか不安だったが、Y崎さんのリードで登ることができました。終了点直下の垂壁は濡れていて今にも滑りそうだった。トップでなくてよかった!kon

 
  テールリッジから衝立岩を望む。左のスカイラインが南稜
    テールリッジ取り付きでロープを着ける
   南稜テラスへの登り。後ろはテールリッジと一ノ倉沢の雪渓。
 5P目でビレー。稜線に見える木の右が終了点直下の垂壁。
  5P目を登る
  終了点直下の垂壁。濡れていてヤバイがY崎さんが突破。
 
       一ノ倉沢出合への雪渓の下降。

6/2 錫杖岳左方カンテを登ってきました


錫杖の左方カンテは見事なまでにボルトがありませんでした。

全ピッチを通してボルトは2,3箇所ぐらい、カムをきめるクラックも少ない。という事は・・・。

ホーム > Archives > 2012-06

検索
Feeds

お天気情報

Return to page top