ホーム > Archives > 2012-01

2012-01

今年初のラッセル

2012年1月21日-22日
日光白根山は遠かった!
しかし、今年初のラッセルは最高だった!kon

アイスクライマー



アイスクライミング初体験。場所は美濃戸口の近くにある小さな滝です。
氷にアイスアックスが刺さる感触は病みつきになりそうです。

武尊山雪洞山行

地図画像
今年の雪洞山行は上州武尊山です。
武尊山牧場スキー場より登り、避難小屋を経て天候に恵まれれば山頂まで登ります。

2011.11.26 幕岩「ムーブ研究会」

幕岩のシーズンは秋から春先まで、それ以降は暑くて登れない。だいぶ寒くなってきた11月、今シーズン初の幕岩にトライしてきた。今回の狙いはシャクシャインというルート。カチ系が多い幕岩では珍しくホールドが大きく、スケールも長い。いつも誰かが取り付いていて、空きがない人気№1のルートである。ということで東名の渋滞に嵌り、幕岩の駐車場がほぼ埋まっているのを見たとき、もう今日は駄目だと思ったが、奇跡的に誰もやってなかった。急いで裏に回りトップロープをセット。偶然幕岩にいた別の友人も含め誰もやったことが無いので、どこが核心なのかも分からない。3人で順番に登りながら、手と足の置き場を確認していく。最初に核心を越えた友人のムーブを真似するが、登れない。「もう一度やって」と頼むと、次は登れない。なんで?パワーで強引に行ったみたいで、一回しか出来ないようだ。それじゃ駄目ということで、べつのムーブを探る。「はい右手、次左足あげて、ちょい右足あげて、左手ガバ!OK、ナイス!右足クラック!右手奥のカチ!ガンバ、ガンバ!」そんなこんなで格闘すること4時間。ついに3人ともノーテンで登れた。一つの難問をみんなで解決したみたいで、とてもうれしかった。そしてこれがクライミングの醍醐味であることを思い出した。ムーブを忘れる前に次回はリードで。

※  右写真のムーブは間違っています。この後落ちます。体勢が面白いので撮りました。

 

★  道具紹介

ビレーでいつも上を見ている貴方。首が痛くて困っていませんか?そんな方に取って置きのアイテムが、この眼鏡です。

前を向いているだけで上が見えるこの眼鏡さえあれば、首が全く疲れません。借りて試してみましたが、視界も広く、登っている方の動きはよく見えます。クライミング用品ではありませんので、登山用品店には売っていません。ネットでご購入ください。

※  注意

・傍から見ると、スカートの中を覗こうとする変質者に見えますので、ビレー以外には使わないでください。

・  手元が見えないので、リードのビレイには不向きです。

モデル:千葉の大酒呑みTさん

ホーム > Archives > 2012-01

検索
Feeds

お天気情報

Return to page top