ホーム > 山行報告 > 北アルプス/蝶ヶ岳:2021年3月27日

北アルプス/蝶ヶ岳:2021年3月27日

【会山行 雪山教室】 北アルプス 蝶ヶ岳

例年、公開山行として一般募集を行っている雪山教室だが、今年はコロナ禍のため会員に限定し4名で行ってきた。

日時 2021年3月27日(土)~28日(日) リーダー:N澤、メンバー:K田、S藤、M木

<行程>

26日(金) 21:00発 1:00ともしび着

27日(土) 6:15中の湯BT~10:30徳澤園~15:00長塀山~16:30蝶ヶ岳~18:30テン場

28日(日) 7:30~8:45徳澤園~11:00上高地BT~12:45中の湯BT

 

【M木】 久しぶりに会山行に参加してきた。今回の目的地はまだ入ったことのない残雪期の上高地からの蝶ヶ岳。釜トンネルから徳沢までかなり林道歩きが長くなるが、久しぶりの穂高に気持ちは上がる。一緒に登らせてもらうメンバーも久しぶりか例会でしかお会いしたことのない方で、緊張もするが皆さん優しい方ばかりでありがたい。

ただ、アタック予定の2日目の天候が良くないのが気になる。
6:15 釜トンネルを出発し、思ったより早く上高地に入るが、やはり上高地から見る穂高は美しい…





明神を過ぎ、徳沢までの長い林道歩きを終え、メンバーにわがままを言って、10分ほど今後計画しているルートになるひょうたん池から前穂までの谷(下又白谷上部)の写真や状態を観察させてもらう。今年は融雪が早く、現状でも5月の頭のような雪の量な気がする。ただ観察には尾根と谷のコントラストがはっきりして分かりやすかった。少し計画を早めたほうが良いかもしれない。

徳沢で待ってもらっているメンバーに合流し、蝶ヶ岳への本格的な登りに入る。




踏み抜きもなく、登りやすいコンディションだが、自粛のせいで弱っている体にはかなり堪える…

そして翌日の天候のことを考えると、今日中にピークアタックをした方が良いということになり、2000m付近のチューダイ広場と言われる幕営適地にテントを張り、そのまま670mのピークアタックすることになった。




12:30頃にアタック開始。メンバー全員 久しぶりの長時間行動にかなり疲れている。また飲み水が足りなくなったことで雪をボトルに詰めこみ水を補給する。

そして、なんとか16:20に蝶ヶ岳ピークを踏むことができた。穂高の展望台と言われる蝶ヶ岳は、僕らに最高のご褒美を与えてくれた。

夕方の少しだけ弱い西日をバックに北アルプスの端から端までが本当に美しい。これまでの疲れが一瞬で吹き飛ぶほどに感動した。やっぱり穂高は良い… もっともっと穂高に入りたい… そう思わせてくれる最高の景色だった。




集合写真を撮り、しばらく思い思いに感動に浸り、名残惜しいが日暮れが近い。急いでテントに戻らないと。久しぶりの12時間行動に 重い足を引きずりながら18:20頃 テントに戻る。



夕食の食坦は僕。今回は具たくさん豚汁にラーメンの予定だったが、なんだか疲れ過ぎていたのかいつもの味になかなかならない。そして、とても中途半端な味の豚汁になってしまった。 それでも普通に食べてくれるメンバーが優しい… メンバーには本当に申し訳ないことをした。

朝方にポツポツとテントを叩く雨の音がしだす…疲れたけれど初日にアタックしておいて本当に良かった。ただ雨の中 釜トンネルまでの長い林道歩きはしんどいなと…

N澤さんのカレーうどんの朝食をいただき 小康状態の天候の中 07:30下山を開始。




明神あたりから本格的な雨降りになるが、途中小休止を入れながらも なんとか13:40頃釜トンネルまで戻ることができた。

今回は会の良い思い出にすることができたと思う。個人山行にはない 会ならではのチームワークや思いやり、そしてなんとか晴れのピークを踏みたいというメンバー全員の気持ちが強く出たことにより 最高の結果を生み出すことができたと思っている。

こんな山行をもっともっと会の皆さんとしたいと強く感じた会山行でした。今回ご一緒してくださった皆さん、企画遂行してくださったN澤さん、そして大田山の会の皆さん、ありがとうございました。

 

【S藤】 会山行で蝶ヶ岳へ行ってきました。1月に緊急事態宣言が出されてから登山レベルの山には行ってなく体力に不安があったが、途中敗退もありと聞きテントキーパーの予定で参加しました。

初日は天気が良くて大正池や上高地の景色を見ていると吉田博展の木版画を思い出した。徳沢まで来てここから登山開始。急登だったが意外と辛くなくピークを踏めた。雪を身にまとった穂高の山々はかっこいい。

テントに戻ってからは、新人らしく飲み水を作った。幕営地付近の雪の状態が良くなくて、木のカスのようなモノが鍋の底にたくさん沈んでいて水の色がうっすら茶色。これは山の出汁水だ!!

食担夜はM木さん、朝はN澤さんが作ってくれたのを有難く食べました。

下山はコンクリートになってからが辛かった。釜トンネルまで歩ききり、無事に今回の山行を終えました。

コロナに負けず企画遂行してくれたN澤さん、一緒に山行した皆さま、楽しい時間をありがとうございました。

 

ホーム > 山行報告 > 北アルプス/蝶ヶ岳:2021年3月27日

検索
Feeds

お天気情報

Return to page top